東京駅を見渡せる大きな窓と天井の高い内装がおしゃれなレゾナンス。


丸の内トキアの2階に位置し、夕暮れ時の東京駅を眺めながらデートを一度はしてみたいものです!


ブルックリンパーラーと同じくブルーノートジャパンがプロデュースしており、雰囲気の良い空間が特徴ですね。


そんなレゾナンスの待ち時間や口コミについて調べました。

【スポンサードリンク】

レゾナンス 口コミ

レゾナンス ランチの待ち時間は?



レゾナンスでは比較的お安くフレンチを食べられるとあってランチは予約が必須です。


平日、休日を問わずに混雑しており、高い評価を得ているのがよくわかります。


高い天井と全面ガラス張りの空間から差し込む陽の光を浴びて食べるランチは心が踊りますよ。


スタッフさんの接客やインテリア、食器に至るまで完成度が高いもののカジュアルな雰囲気でラフな格好で行けるのもいいですね。


ランチはカフェな雰囲気ですが、夜は東京駅の夜景を眺めながら過ごせる素晴らしいお店として知る人ぞ知る存在とも言われています。


ランチメニューは下記の通りです。

LUNCH SET 3,200円


豆乳と湯葉ムース 和からしエスプーマ


ヤリイカと夏野菜のギリシャ風サラダ


冷製 とうもろこしのポタージュ


メインディッシュ1品 「和豚もち豚ローストポーク 本日の牛肉料理 本日のお魚料理(+600円)」


和豚もちぶたのローストポーク 1,500円
有機野菜サラダ 1,400円
ミックスリーフサラダ(須永農園) ローストビーフとフェタチーズ添え 1,600円
炭焼き和牛バーガー 1,600円
本日のお魚料理 1,800円
本日の牛肉料理 1,950円
本日のパスタ 1,300円

【スポンサードリンク】

レゾナンス 混雑や予約




レゾナンスは丸の内OLがこぞって利用するために予約は必要となります。


早めに行けば入れることはありますが、入り口付近の席で落ち着かない雰囲気でランチをすることになる可能性が。


普段使いとしての値段は高めではありますが、ロケーションを考えるとコストパフォーマンスは最高で、ここぞという時にはぜひ利用してみてください。


メニューも


ヤリイカと夏野菜のギリシャ風サラダ
ハーブの入ったフレッシュチーズのタルティーヌ
タスマニア産サーモンマリネディルのヴィネグレット


など名前のクセが強い!


その中でもオリエンタル風おこわのネーミングのセンスがずば抜けてる気がしますが、そこらへんも楽しめるお店ですね。

まとめ




レゾナンスは東京駅の地下街や八重洲のレストランにはない雰囲気が好評です。


ブルーノートジャパンがプロデュースとあってどの料理もお洒落ですね。


東京駅の夜景を眺めながら食事をしてみるのにおすすめです。

【スポンサードリンク】