福井県では坂井高校野球部が開校から3年目にして夏の甲子園出場を決めました!


福井県といえば敦賀気比や福井商業、福井工大福井など強豪校が集まりますが、2016年の夏の大会で敦賀気比を初戦で破ったのが坂井高校野球部でした。


プロ注目の左腕・エース吉川大翔を柱にキャプテン・吉田温郎や四番・牧野大和など小技をからめたチームバッティングが特徴です。


監督の川村忠義は2013年に春江工をセンバツに導いた経験豊富な監督で、春江工が統合されてできたのが坂井高校なのです。


そんな坂井高校野球部についてまとめてみました!

【スポンサードリンク】

坂井高校野球部メンバー

1 吉川大翔 灯明寺中学


2 石川雅晴 南越中学


3 軽部裕樹 鯖江中学


4 松浦光輝 森田中学


5 山内良太 和田中学


6 吉田温郎 金津中学


7 出店朋樹 灯明寺中学


8 牧野大和 中央中学


9 宮永泰誠 足羽中学


10 帰山賢也 尚徳中学


11 帰山慎 明倫中学


12 嶋田勘人 上志比中学


13 田崎悠馬 芦原中学


14 南孝輔 丸岡南中学


15 粟井大喜 大東中学


16 横山翔太 清水中学


17 遠藤泰 陽明中学


18 矢原士宇杜 三国中学


19 新谷桂樹 三国中学


20 永井祐作 陽明中学

坂井高校野球部スタメン

1 吉田温郎 ショート


2 松浦光輝 セカンド


3 帰山賢也 レフト


4 牧野大和 ライト


5 軽部裕樹 ファースト


6 出店朋樹 センター


7 吉川大翔 ピッチャー


8 石川雅晴 キャッチャー


9 山内良太 サード

【スポンサードリンク】

坂井高校野球部の歴史

福井県坂井市のJR丸岡駅近くの坂井高校。


2014年に創立され、坂井農業、春江工業、金津高校経理科・情報処理科、三国高校家政科が統合されてできました。


全校生徒は810人で3学年と考えても1学年270人です。


ウエイトリフティングや自転車の部活動が盛んで、野球部も2016年夏はベスト4、2016年秋は福井県大会準優勝、そして、2017年は甲子園と躍進を遂げています。


今年の3月には新しいグランドで練習をしており、さらに有望な選手が来る環境は整ってきているようです。


春江工業の野球が息づいており、ストッキングのオレンジ色を伝統として引き継いでいます。


川村忠義監督のもとで粘り強いピッチングと守備、ヒットエンドランなどを絡めた小技を得意としています。

坂井高校野球部の監督

川村忠義監督は福井商業出身で高校2年生の時にはセンバツに出場しています。


センバツでは控え選手でしたが、2年生夏からスラッガータイプの外野手として注目されていました。


3年生の時は3番を打ち、その後は日本大学へ進学し、全日本選手権にも出場しています。


教員免許を取得し、福井県に戻り野球が盛んな地域にある南越中学で野球を指導し始めます。


羽水高校に赴任してからは南越中学で教えた子供達と一緒に今度は甲子園を目指すことになります。


川村忠義監督を慕って1時間の通学時間をかけても羽水高校に進学する子供もいたそうです。


そして、2013年には栗原陵矢を擁して春江工業をセンバツ甲子園に導きます。


春江工業では何事にも逃げないをモットーに廃校が決まっていた無名高校を甲子園に導いたことで一躍、有名になります。


日本一の猛練習と称して1日2千本のバットを振り込むそうです。


選手の意識改革や身だしなみを徹底して、応援されるチームへ成長させました。


春江工業はスポーツ推薦もなかったので川村忠義監督の教えは福井県でも有名になり、有望な選手が坂井高校野球部にも集まっているということですね。

坂井高校野球部の注目選手

吉川大翔は中学で福井永平寺リトルシニアに所属して、シニア日本代表に選ばれています。


180cm 73kgと大型左腕として中日などが狙っている逸材ですが、フォームのバランスがよく、コントロールに優れています。


福井商業を完封するなど福井県ではほとんど敵なしでした。


ただ、シニア日本代表に選ばれていながらも坂井高校に進学したのは何かの縁なのでしょう。

まとめ

坂井高校野球部は吉川大翔がどれだけ全国で通用するのか楽しみな存在ですね。


川村忠義監督は福井県の野球のレベルアップに貢献している指導者で全国で勝つことでもっと福井県の野球を全国に知らしめることができるといいですね。


打線は小技をからめたチームバッティングが中心でそこまで強くはありません。


三塁に走者がいる場面ではヒットエンドランを仕掛けるなど1点を取り、吉川大翔が相手打線を抑え込むという野球を仕掛けてきます。


春江工業時代からの伝統の野球を甲子園で見せることができるか注目が集まります!


では!

【スポンサードリンク】