日大三高・桜井周斗が侍ジャパンU-18に選ばれるなどドラフトでのプロ入りが噂されています。


日大三高・桜井周斗は夏の甲子園出場はなりませんでしたが、春のセンバツでの履正社・安田尚憲をスライダーで封じ込めるなど投手として評価されていました。


侍ジャパンU-18では主にレフトやDHで3番や6番を打っており、日大三高・桜井周斗は打者としての評価も高いのでしょう。


今年はサウスポーが豊作の年で秀岳館の川端健斗と田浦文丸や中京大中京の磯村峻平などが注目を集めています。


日大三高・桜井周斗には巨人やソフトバンク、阪神をはじめとしてヤクルトやロッテ、広島、楽天とスカウトからの評価もされています。

今回はそんな日大三高・桜井周斗について調べてみました!

【スポンサードリンク】

日大三高・桜井周斗について!

日大三高・桜井周斗のスライダーが復活する日は来るのでしょうか?


侍ジャパンU-18に選出された日大三高・桜井周斗ですが、日大三高では夏の大会で早実と戦うことなく敗れてしまいました。


春のセンバツで履正社の安田尚憲から3打席連続を奪う活躍を見せていた日大三高・桜井周斗でしたが、春の大会からは調子の上がらない日々が続いていました。


春季東京大会の帝京戦では8回5失点と終盤になるとスライダーやチェンジアップのキレがなくなり、春季関東大会では専大松戸に6回7四球7失点とコントロールを乱していました。


スライダーのキレがいいときは清宮幸太郎を5連続三振に斬ってとるなどプロ注目のサウスポーとして評価されていましたが、中学2年生の時に左肘の剥離骨折で高校2年夏までピッチャーとして実戦経験が少なかったことでスタミナに問題があるとも考えられます。

日大三高・桜井周斗のスライダーは?

打者としては6番ライトで1年秋からレギュラーとして高校通算31本のホームランを放っています。


打者としても非凡なセンスをみせている桜井周斗ですが、ピッチャーとしての完成度は低く、プロのスカウトからは打者として見ているとの声もあがっています。


桜井周斗のスライダーは思い切り腕を振って投げることで打者からも空振りを奪いやすい曲がりが遅くて大きなスライダーになっているのですが、腕を振って投げることでコントロールを乱してしまう悪循環に陥っていたのかもしれません。


コントロールを重視するあまりにスライダーのキレはなくなり、スライダーのキレを出すためにコントロールが悪くなり。


侍ジャパンU-18ではどのようなピッチングを披露するのか気になりますね。

【スポンサードリンク】

日大三高・桜井周斗の出身中学は?

日大三高・桜井周斗は埼玉県所沢市生まれで牛沼小学校から所沢東中学校に進みました。


牛沼小学校では軟式野球を小学校1年生の頃から取り組み、所沢東中学校では新座シニアに所属。


小学校の頃からヤクルトJr.に入るなど注目を集めていました。


日大三高ではライトでレギュラーを掴み、2年生夏から投手として投げています。

まとめ

清宮幸太郎に対しての5連続三振から日大三高・桜井周斗の名は全国に轟き始めました。


春のセンバツでは履正社の若林将平と相対し、4連続三振、安田尚憲は3連続三振と期待のサウスポーとして注目を集めましたが、やはり中学校2年生の頃の左肘剥離骨折がスタミナ不足に繋がっているようです。


ピッチャーとしてはコントロールがいまひとつですが、スライダーの精度が上がればプロでも活躍できるのではないでしょうか。


では!

【スポンサードリンク】