侍ジャパンU-18メンバーが甲子園の真っ只中ですが決定されました。


2016年は西武に行った作新学院の今井や楽天ドラ1の横浜高校の藤平、履正社の寺島や花咲徳栄の高橋など好投手がいました。


2017年は早稲田実業の清宮幸太郎が甲子園に出られずに大会通算のホームラン数が歴代最高となるなど清宮ボールとも言われる打高の大会となっています。


選考は予選の段階で行われていたとの憶測も流れ、仙台育英の長谷川や盛岡大付属の植田、花咲徳栄の西川が選出されていないことに批判の声もあがっています。


確かに2年生を選出するのであれば3年生の中にもいい選手が活躍したのにという声もあり、国際試合では木製バットを使うため投手力が鍵になります。


今回は侍ジャパンのメンバーについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

侍ジャパンU-18のメンバーの出身中学は?



・投手

山下輝 187cm 87kg 木更津総合 千葉 岩根西

清水達也 182cm 83kg 花咲徳栄 埼玉 深谷・藤沢



清水達也の球速や身長・出身中学は?花咲徳栄からプロか進学?

桜井周斗 177cm 81kg 日大三高 埼玉 所沢東

磯村峻平 177cm 81kg 中京大中京 愛知県 鷹来

徳山壮磨 183cm 73kg 大阪桐蔭 兵庫 高丘



三浦銀二 175cm 175cm 75kg 福岡大大濠 筑紫丘


川端健斗 175cm 70kg 秀岳館 京都 木津


田浦文丸 170cm 75kg 秀岳館 福岡 平野


・捕手


中村奨成 181cm 78kg 広陵 広島 大野東


古賀悠斗 174cm 76kg 福岡大大濠 福岡 筑山


・内野手


西巻賢二 168cm 73kg 仙台育英 宮城 秀光中等


鯨井祥敬 171cm 68kg 東海大市原望洋 千葉 西志津


清宮幸太郎 184cm 100kg 早稲田実業 東京 早実中等


井上大成 180cm 79kg 日大三高 神奈川 南毛利


安田尚憲 188cm 92kg 履正社 大阪 豊津


小園海斗 178cm 73kg 報徳学園 兵庫 光ガ丘


・外野手


丸山和郁 171cm 72kg 前橋育英 群馬 倉渕


増田珠 185cm 83kg 横浜 長崎 淵


伊藤康祐 172cm 76kg 中京大中京 愛知 形原


藤原恭大 181cm 80kg 大阪桐蔭 大阪 豊中五

【スポンサードリンク】

侍ジャパンU-18のスタメン予想は?

1 増田珠 センター


2 丸山壮史 レフト


3 清宮幸太郎 DH


4 安田尚憲 ファースト


5 中村奨成 キャッチャー


6 井上大成 サード


7 小園凌央 ショート


8 西巻賢二 セカンド


9 藤原恭大 ライト

侍ジャパンU-18の日程は?

第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ

大会期間

2017年9月1日~9月11日

オープニングラウンド

9月1日(金)22:30 メキシコ – 日本

9月3日(日)6:00 日本 – アメリカ

9月4日(月)6:00 日本 – キューバ

9月5日(火)3:00 オランダ – 日本

9月5日(火)22:30 日本 – 南アフリカ

※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

スーパーラウンド

9月7日(木)~9月9日(土)

※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

決勝戦・3位決定戦

9月11日(月)

※開始時刻は日本時間(サンダー・ベイ:時差-13時間)

開催地

カナダ サンダー・ベイ

参加国

グループA

カナダ、韓国、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、イタリア、ニカラグア

グループB

日本、アメリカ、キューバ、メキシコ、オランダ、南アフリカ

侍ジャパンU-18は優勝できる?

予選での成績はいいピッチャーと当たっておらず、甲子園での成績も清宮ボールと呼ばれなかなか評価のしづらい2017年です。


ベスト4の天理高校や東海大菅生からは選出がなく、大阪桐蔭を9回1失点に抑えた仙台育英の長谷川拓帆や花咲徳栄の西川愛也なども選出されておらず、選考の基準もあやふやです。


清宮幸太郎と安田尚憲など甲子園では見ることのできなかったスター選手が侍ジャパンU-18では見られるので期待したいですね。


来年度は夏の甲子園が100回記念とあってスーパーミレニアム世代と呼ばれる2000年生まれの選手も名を連ねています。


報徳学園の小園凌央や大阪桐蔭の藤原恭大は秋の大会もありますが、頑張って欲しいですね。


では!

【スポンサードリンク】