世界的にも屈指のインサイドハーフとして名を馳せているサウール・ニゲス。




左足から放たれる絶妙なカーブシュートや守備にも縦横無尽に参加する万能性は今後のスペイン代表を率いていくに間違いありません。




バイエルンやU-21イタリア代表との試合では得点力の高さも披露し、まさに乗りに乗っている選手です。

【スポンサードリンク】

サウール・ニゲスのポジションやプレースタイルは?


サウール・ニゲスはスペインで生まれ育った選手らしく足元の技術やパスセンスが素晴らしく、アトレティコ・マドリーでは前線からの守備によって最終ラインまで下がることも少なくありません。




個人的にアトレティコ・マドリードのサッカーでは得点数が少ないのが気がかりだったのですが、スペインのサッカーだとハットトリックを決めるなどアタッカーとしての能力もかなり高いのが特徴です。




世界的に認められるようになるにはやはりビッグゲームでの活躍が必須になりますが、CLバイエルン戦やコンフェデ杯イタリア戦などここぞという時に力を発揮できるタイプなので非常に期待が持てる選手です。




サウール・ニゲスのプレースタイルの根幹となっているのが強靭なフィジカルを武器にしたブレのないプレーです。




単独でのサイドから突破については相手にしっかり身体をいれることによってブロックしつつボールを隠すテクニカルなステップによって魅せてきますが、特徴的なのがバイエルン戦での5人抜き。




この時の正面からぶつかっていくようにして相手の足が出てきた瞬間にボールを方向転換するテクニカルなステップは足元の技術も大切ですが上半身をぶらさずに突破していくことによって成せるドルブルです。




身体の向きでフェイントをいれるのではなくあくまで身体をぶらさずに相手の足が出てきた瞬間に自分自身も飛び跳ね交わしていくドリブル突破が非常に特徴的で狭いエリアであればあるほどに左足からなめらかなシュートを叩き込みます。

サウール・ニゲスのカーブシュートはなぜ入る?

アトレティコではグリーズマンに繋ぐ役割や守備で奔走している姿が目に付きますが、スペイン代表ではアセンシオからのお膳立てや比較的守備に回ることも少ないこともあり、フリーになったサウール・ニゲスを多く見ることができました。




個人的にはこっちが本来のサウール・ニゲスであってほしいと思わんばかりのストライカーっぷりでアトレティコから離れてみるのもいいのではないかと思ってしまいます。




低い弾道で小さくカーブしていくミドルシュート、ワンタッチで振り抜くカーブシュート。




どちらも共通しているのが一見、地味に見えるのですが隅を狙いすまして放たれているという点です。




弾丸シュートやごっつぁんゴールだはなくイタリア戦でのハットトリックもすべて狙いすましてシュートを放ち、その通りにゴールネットを揺らしているのです。




スペースの見つけ方はスペインで幼い頃からサッカーを学ぶものなら身につけて当然ですが、ワンタッチでここまで正確なシュートを打てる選手は世界を見渡してもメッシかかつてのクリスティアン・ヴィエリくらいではないでしょうか。




天才的なワンタッチシュートはやはり強靭なフィジカルが支えており、イタリア戦でのハットトリックはワンタッチシュートが打てればこんな簡単に点とれるのかと新しいサッカーを魅せてくれるサウール・ニゲス。




スペイン代表ではアセンシオがサイドを駆け上がり中央に切り込み、しっかりアシストしてくれるシステムが確立されていたのでサウール・ニゲスもやりやすかったのではないでしょうか。




スペイン代表での活躍を見て、アトレティコでも使い方がストライカー寄りになってくれればサウール・ニゲスが持つ天才的なワンタッチシュートをお目にかかる機会も増えてくるのではないでしょうか?

【スポンサードリンク】

サウール・ニゲスのいじめについて


サウール・ニゲスにとっては過去の話なので今では気にしていないでしょうが、11歳の時にレアル・マドリードのユースでいじめにあっていました。バルデベバスに立ち入り禁止になるなど仲間から窃盗の疑いをかけられたそうです。




サウール・ニゲスの出身はバレンシアにあるエルチェという小さな都市です。




スペインでは排外主義が珍しくなく、エルチェでも中国製品を締め出す運動などが過去には起こっています。




ただ、11歳の時のことなのでサウール・ニゲスの才能に嫉妬した少年たちの起こしたいじめだった可能性が高いです。




12歳の時にはアトレティコ・マドリードのユースに移り、スペイン代表でも活躍。レアル・マドリードのカンテラ出身ののマルコス・ジョレンテやルーカス・バスケスなどとも上手くやれていることでしょう。




大舞台で活躍できるメンタリティは素晴らしいですね。

ウイイレの評価は?


グランダーパスでは86となっており、スタミナも85。




ボールコントロールやヘディングでも80の評価で、総合でも80の評価を与えられています。




ドリブルや瞬発力など平均して70以上となっていますが、プレースキックは59となっています。

まとめ


U-21イタリア戦でのハットトリック前まではアトレティコで頑張ってる万能型の選手という地味なプレースタイルなのかなと個人的には勘違いしていたのですが、何人ものディフェンスを引き連れた状態からの突破だったり、シュートの正確性であったり計算しやすい選手ですね。




加えて、守備のタスクもしっかりこなせるので信頼感の持てるプレースタイルだと思います。




スペイン代表では間違いなく8番を着るべきですし、来年のワールドカップでも活躍が期待されています。




では!

【スポンサードリンク】