仙台育英がまさかのサヨナラ勝ちで春夏連覇を目指す大阪桐蔭を2-1で破りました。


しかし、サヨナラ勝ちの理由として大阪桐蔭ファーストの中川卓也の足がベースから離れていたことが挙げられます。


これによって仙台育英は完封負けを免れたのですが、その前には打者走者にファーストの中川卓也が足蹴りされるというラフプレーが行われていたのです。


これによって中川卓也がベースの位置を気にしてしまった可能性もあり、ファーストベースの踏み直しといった初歩的なミスでサヨナラ勝ちを招いてしまったと考えられます。

【スポンサードリンク】

足蹴りについて

仙台育英野球部メンバーは?

1 長谷川拓帆 3年生 秋田 桜


2 渡部夏史 3年生 宮城 秀光中等


3 前田颯太 3年生 宮城 大沢


4 斎藤育輝 3年生 宮城 秀光中等


5 鈴木佳祐 2年生 宮城 秀光中等


6 西巻賢二 3年生 宮城 秀光中等


7 山田利輝 3年生 宮城 南吉成


8 佐川光明 3年生 福島 いわき・泉


9 杉山拓海 3年生 宮城 秀光中等


10 加藤雅己 3年生 宮城 将監東


11 佐藤令央 3年生 宮城 秀光中等


12 尾崎拓海 3年生 東京 保谷


13 高橋愛斗 3年生 宮城 玉浦


14 西村和真 3年生 兵庫 苦楽園


15 若山壮樹 3年生 宮城 大沢


16 馬目郁也 3年生 福島 磐崎


17 小川拓馬 3年生 神奈川 大野


18 船木颯真 3年生 宮城 郡山

【スポンサードリンク】

仙台育英野球部について

2015年にロッテの平沢の擁して準優勝を果たすなど東北初の甲子園優勝を狙えるチームとして毎年期待されている仙台育英野球部。


今年のチームはエース・長谷川拓帆が2試合で15イニング無失点で大阪桐蔭戦でも9回を1失点におさえました。


長谷川拓帆はサウスポーからキレのいいストレートと変化球を操り、大阪桐蔭打線にも十分に通用していました。


大阪桐蔭のクリーンナップは左打者が並んでいましたが、ランナーを置いた場面でも物怖じせずに思い切ったピッチングが持ち味です。

まとめ

最後はまさかの途中出場の馬目郁也がサヨナラ打を放つなど大逆転勝利となった仙台育英野球部。


しかし、中川卓也の足がベースから離れていた理由としては足蹴りのラフプレーがあったとも考えられ、若干気まずいですね。


大阪桐蔭は2年生主体のチームとして春夏連覇を目指しましたが、まさかのプレーで敗退と後味の悪さが残りますね。


本気で甲子園優勝を目指してきた大阪桐蔭としてはこの敗戦を糧に新チームでの春夏連覇を目指して欲しいですね。


では!

【スポンサードリンク】