選抜高校野球2018がまもなく開幕しますね!


ミレニアム世代が3年生になり、夏の甲子園は100回目を迎える記念の年となるので例年よりも注目が集まっています。


大本命の大阪桐蔭は明治神宮大会で九州の創成館高校に敗れ、明徳義塾高校が優勝を果たしました。


日大三高や東海大相模など強豪校の他にも中央学院や明秀日立などニューフェイスも出場予定となっている選抜高校野球2018について調べてみました!

【スポンサードリンク】

選抜高校野球2018 出場校予想!




2018年1月26日金曜日に出場校は決定されますが、選抜高校野球2018は90回大会になるために出場枠が36校となっています!


東北や北信越、東海、中国四国からは例年よりも1校多く出場できるように選抜高校野球2018はなっていますよ。


さらに明治神宮大会は明徳義塾高校が優勝しましたので中国四国からはさらに1校多く出場できるのです。


そんな選抜高校野球2018ですが、出場校を予想してみました!

北海道代表

駒大苫小牧


前評判の高かった北海道栄や札幌日大はベスト4止まりで旭川実業も準優勝と久しぶりに駒大苫小牧が甲子園に帰ってきます。


初優勝時のキャプテンだった佐々木孝介が監督を務めており、明治神宮大会でも大阪桐蔭に2-4と堂々とした戦いをみせていました!

東北代表

聖光学院
花巻東
日大山形



聖光学院と花巻東が選抜高校野球2018出場を確定させており、日大山形もベスト4ながら90回大会記念の恩恵を受ける形となっています!


能代松蔭高校もベスト4には入っているのですが、準決勝での大敗があったのでセンバツは厳しそうです。


聖光学院野球部メンバー2018や衛藤慎也!出身中学や監督!

関東代表

中央学院
明秀日立
慶應義塾
東海大相模
健大高崎or国学院栃木



本命の花咲徳栄や横浜高校が敗退し、作新学院や健大高崎もベスト8止まりとなった関東大会。


神奈川代表の慶應義塾と東海大相模は選抜高校野球2018でも屈指の選手層を誇っているので勝ち進むことが予想されます。


そして、中央学院は大谷翔平2世こと4番ピッチャーの大谷拓海が軸となり関東大会を制しました。


明秀日立の細川拓哉は横浜DeNAベイスターズの細川成也の弟とあって話題となっていますね。


残る一校は県1位の高校になる予想なので注目が集まります!


明秀日立野球部2018メンバー!細川拓哉や出身中学・秋季大会

東京代表

日大三高


明治神宮大会では日本航空石川のラフプレーで敗れた日大三高ですが、選抜高校野球2018では強豪校らしい戦いをしてくるでしょう!


最近は帝京や早稲田実業があまり甲子園に出てこないので日大三高が東京代表として甲子園を沸かせて欲しいですね。

日大三高野球部メンバー2018!監督や日置航・出身中学は?

【スポンサードリンク】

北信越代表

日本航空石川
星稜
富山商業

選抜高校野球2018は石川県から2校の選出となりそうです。


日本航空石川は夏の甲子園にも出場していましたが、明治神宮大会では日大三高へのタックルが問題となりました。


出場辞退によって責任を取ることも世論としてはありますが、選抜高校野球2018では少し騒がれてしまうことになるでしょう。


日本航空石川野球部2018メンバーや監督!上田優弥や出身中学

東海代表

静岡高校
東邦高校
三重高校



静岡高校は明治神宮大会でも勝利を収めるなど近年では力を付けてきた高校です。


常葉菊川が強打によって甲子園で大暴れした時代もありましたが、東海地方は伝統校がしっかりと結果を出していますね!

近畿代表

大阪桐蔭
智弁和歌山
乙訓高校
近江高校
智弁学園
彦根東



大本命の大阪桐蔭や智弁和歌山は実力通りの出場となりそうですが、乙訓高校や彦根東など公立校が近畿代表になるのは極めて異例の事態です。


特に乙訓高校は平安高校や京都外大西など強豪校ひしめく京都を制した公立校なので選抜高校野球2018でも間違いなく話題になりますね!


法隆寺国際や近大付属・履正社の出場も考えられますが、彦根東が安定感から出場予想となっています。

中国代表

おかやま山陽
下関国際
瀬戸内



夏の甲子園に出場したおかやま山陽と下関国際が揃って選抜高校野球2018にも出場することでしょう。


下関国際はアルティメットクラッシュかき氷打線とネタになっていましたが、実力は全国区にまで高まってきているようです!



瀬戸内高校野球部2018メンバーや監督!門叶や秋季大会は?

四国代表

明徳義塾
英明
松山聖陵
高松商業



明徳義塾が明治神宮大会を優勝したのでベスト4すべての高校が選抜高校野球2018に出場できます。


四国の野球を甲子園で発揮して欲しいところです!


明徳義塾野球部2018メンバーや出身中学!監督や市川悠太!

九州・沖縄代表

創成館
富島高校
延岡学園
東筑高校



九州にしては珍しくニューフェイスの高校が勝ち進みました。


創成館は大阪桐蔭に勝つ実力派なので選抜高校野球2018でも注目が集まります!


21世紀枠は日頃の活動が評価されるためにどこが選ばれるかわかりませんが、有名高校では


佼成学園
法隆寺国際


が21世紀枠に入っているようですね!

選抜高校野球2018 日程は?




2018年1月26日には出場高校が決定します。


3月16日には組み合わせ抽選会があり、3月23日が開会式となっています!


4月4日が決勝戦の予定ですが、雨がセンバツは多いので順延も含めて日程調整がされることでしょう。

選抜高校野球2018 注目選手!




やはりなんといっても根尾昴、藤原恭大、中川卓也など大阪桐蔭の選手に注目が集まっています。


ピッチャーでは


明徳義塾 市川悠太
聖光学院 衛藤慎也
明秀日立 細川拓哉
智弁和歌山 平田龍輝
下関国際 鶴田克樹
松山聖陵 土居豪人
創成館 川原陸



バッターでは


駒大苫小牧 舞原陽和
瀬戸内 門叶直己
日大三高 日置航
日本航空石川 上田優弥
東邦高校 石川昂弥



が注目選手です!

選抜高校野球2018 歴代優勝校!




ここ3年間では


2015年 敦賀気比
2016年 智弁学園
2017年 大阪桐蔭



となっています。


東海大四や高松商業が強豪校相手に勝ち上がるなど比較的無名の高校が出てくるのがセンバツの魅力でもありますね!


選抜高校野球2018でも創成館やおかやま山陽が勝ち進むかもしれません。


秀岳館や履正社、敦賀気比が最近はセンバツで話題になっていましたが、選抜高校野球2018はどこの高校が勝ち進むのか楽しみですね!

まとめ




駒大苫小牧が日大三高、大阪桐蔭を打ち破っていた時代が懐かしいですが、夏の甲子園からホームランは出やすくなっているので打撃戦が予想されます。


明徳義塾、創成館、日大三高、大阪桐蔭が話題の中心となりそうですね!


では!