サンフランシスコのリー市長が旅立たれました。


サンフランシスコ市では韓国による従軍慰安婦像を設置したことで大阪市と姉妹都市関係を解消するなどで日本でも問題となっていました。


しかし、12月4日にはサンフランシスコのリー市長が大阪市長への公開謝罪文が公開されたと話題になっており、何かしらの陰謀に巻き込まれた可能性も考えられますね。

【スポンサードリンク】

サンフランシスコ市長が謝罪や韓国追放?

YouTubeではサンフランシスコ市長の謝罪や韓国への追放を示唆する動画が存在します。


ただ、サンフランシスコのリー市長が大阪市へ姉妹都市提携を解消するのを謝罪するのは建前上のことであり、推進派といえども議会が過半数で慰安婦像設置を決めたので形だけの謝罪のようです。


謝罪をしたところで何も変わりませんし、無駄に突っぱねるよりは印象がいいですからね。


そもそも慰安婦像の設置を取り消すという話ではないですし、アメリカ国内でサンフランシスコのリー市長を韓国追放させるとの動画も煽ってはいるものの現実的には何も変わりませんでした。

サンフランシスコ市長 原因はトランプや慰安婦?

サンフランシスコのリー市長は心臓発作が原因となっていますが、やはり慰安婦像設置は日本にとっては都合の非常に悪いことです。


単なる憶測にすぎませんが、やはり日本政府やトランプ大統領が何か関わっている可能性は否定できません。


ただ、慰安婦像の設置や大阪市との姉妹都市提携を解消してからすぐの出来事ですので口封じとの見方も強まっています。


ネットでは法則発動と話題になっていますが、やはり在米華人であるサンフランシスコのリー市長の突然の出来事となるので中国としては面白い話ではないですよね。


そもそもサンフランシスコのリー市長は中国の貴州省を10月に訪問するなど習近平との結びつきが非常に強く、ロサンゼルスーサンフランシスコ間の高速鉄道建設に大きく関わっています。


ですので、それをあまりよく思わなかった勢力もいるとのことで陰謀説を考えていくとやはり慰安婦像は設置するべきではなかったのかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

Twitterの反応

まとめ

サンフランシスコのリー市長は在米華人ですので中国との結びつきが強く、高速鉄道建設に中国が関われるようにするなどの動きがあったようです。


さらに、韓国は親中派が強くなりましたので中国ー韓国ーサンフランシスコで組んでジャパンバッシングをするのにサンフランシスコに慰安婦像を設置するのは都合が良かったのかもしれません。


推測の域を出ませんが、サンフランシスコのリー市長のまわりには大いなる陰謀が渦巻いていた可能性は否定できません。


では!