アシストを記録していた柴崎岳でしたが、

なぜか後半早々に交代させられてしまいました。

テネリフェも一部昇格を逃すなど何があったのでしょうか?

【スポンサードリンク】

試合結果

テネリフェが奈落の底に突き落とされた。
 
 6月24日、リーガ・エスパニョーラ2部の昇格プレーオフ決勝。

第1レグを1-0で制したテネリフェは、ヘタフェの敵地に乗り込んだ。
 
 アウェーチームを待っていたのは、第1レグとはまるで別人となった

ヘタフェのハイインテシティーと、スタジアムを揺るがす圧倒的なサポーティング。

9分、12分と立て続けに被弾して、あっという間にトータルスコアで逆転されてしまう。

テネリフェの地元紙『eldorsal』は、「なんて酷い守備だ。考え得る最悪のスタート」と吐き捨てた。
 
 そんな嫌なムードを一掃したのが柴崎岳だった。

17分、左サイドでアイトール・サンスのパスを受けると、鋭いグラウンダーのクロスを中央へ供給。

これをアントニー・ロサーノが難なく蹴り込んで、値千金のアウェーゴールを奪った。

これで3戦連続でゴールに絡んだことになる。
 
 2戦合計で優位に立ち、試合を落ち着かせたかったテネリフェだが、またしてもヘタフェの勢いに呑まれてしまう。

37分、ダニ・パチェコに3点目を決められ、再び窮地に追い込まれた。
 
 そして後半早々、ゲームの分岐点とも言える選手交代がなされる。

51分、テネリフェのホセ・ルイス・マルティ監督は柴崎に変えてアーロン・ニゲスを投入。

攻撃にリズムを生むクリエイターを外し、ダイレクト志向の強いサッカーへと切り替えたのだ。
 
 この采配に猛反発したのがファンとサポーターだった。

全国紙『MARCA』の速報ページやツイッター上で、批判的な意見が相次いだ。
 
「ガクは怪我でもしたのか? でなければ明らかな失策だぞ、マルティ!」

「攻撃に怖さがなくなった。どうやって点を取ると言うんだ!」

「バラバラじゃないか。ヘタフェは楽になっただろう」

「ガクはよく走り、よく働いていた。なぜだ!」

「なにを焦っているのか。仕掛けるにしても早すぎる」
 
 さらに指揮官は63分に主将のスソをもベンチに下げる。

試合前にキーマンに指名した中盤の二枚看板を諦め、ロングボール一辺倒の戦法でゴールを狙う賭けに出た。しかし──。
 
 終盤に猛攻を仕掛けるもあと1点が遠く、昇格の夢を断たれたテネリフェ。水曜日の天国から3日後、地獄を見たのだ。
 
 はたして、柴崎の去就はどうなるのか。なにかしらのアクションがあるだろう。今後の動向を注視したい。

柴崎岳 交代の理由は?

テネリフェのサッカーは柴崎岳が活躍した始める前はいわゆる脳筋サッカーでした。

そこに柴崎岳が司令塔として入ることによって

ゲームメイクがされるようになりテネリフェの躍進を支えました。

今日の試合の前半はヘタフェに14分で2ゴールを決められました。

柴崎岳のボールロストからの失点であり、柴崎岳自身もかなり疲れていた印象でした。

しかしながら、アシストを決めた柴崎岳を交代させて

キーマンにあげていたスソも交代させて、結局のところただの

縦ポンサッカーでテネリフェのプレーオフは幕を閉じてしまいました。

テネリフェの今後は?

今日の試合をみてもわかるとおりにずっと一部でやっていたヘタフェと

ずっと二部が定位置だったテネリフェでは力の差は歴然です。

ヘタフェはテネリフェのボランチやディフェンスラインの穴を

攻撃の突破口として立て続けにゴールを決めましたが、

それ以前に実力差はかなりあったのではと個人的には思います。

ですので、テネリフェの今日の敗戦は順当なのではないでしょうか。

なにより、柴崎岳が後半もずっと出ていたところで勝てたかというとかなり微妙なところです。

ですので、来季も二部での生活になる柴崎岳の去就はどうなるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

柴崎岳の今後は?

メンタル面でのサポートなど入団直後の練習すらままならなかった状態から

ここまでやってこれたのにはテネリフェの環境があったからこそです。

しかしながら、個人昇格でスペインの一部でサッカーができる可能性があるので

このままテネリフェに所属したままに二部でサッカーを続けるか

他のチームに移籍するか柴崎岳の今後に注目が集まります。

今日のように相手チームが前半からガンガンとばしてくれて

後半に足が止まり始めたところから柴崎岳のゲームメイクの能力が

発揮されるのですが、監督の経験の無さが裏目に出たのかうまくいきませんでしたね。

報道では柴崎岳の体調不良が交代の原因とも

されているのでスペインの気候に慣れる必要もあるようですね。

ネットでの評価は?

まとめ

スペインの二部ではありますが、柴崎岳の名前が世界的にも知られるようになりました。

青森山田時代から柴崎岳専用カメラが出たりするなど

注目された選手でしたが、とにかくメンタルが弱く、

アギーレ時代のブラジル戦などでは

軽率なプレーを連発していたのが記憶に新しいです。

海外の強豪と戦った時には執拗なハイプレスや強靭なフィジカルプレーに

まったく対応できずにボールロストするのが柴崎岳のウィークポイントでしたが、

海外でもまれることによって選手として成長しているのではないでしょうか。

では!

【スポンサードリンク】