下田裕太の進路は実業団でマラソンや高校は?アイマスPで彼女?

Uncategorized


新春の箱根駅伝2018が今から楽しみですが、青山学院大学の下田裕太は全日本大学駅伝で左足を痛めたようで心配ですね。
[br num=”1″]
青山学院大学・下田裕太といえば10代のマラソン日本記録を持っているなどその潜在能力には定評があり、箱根駅伝2017の7区田村和希−8区下田裕太のタスキリレーは感動を呼びました!
[br num=”1″]
そんな青山学院大学・下田裕太ですが、大のアニメ好きなことやすでに進路が決まっているなど箱根駅伝2018でも話題になりそうですね。
[br num=”1″]
今回は青山学院大学・下田裕太について調べてみました!

【スポンサードリンク】

青山学院大学・下田裕太について!

箱根駅伝2017では6区小野田勇次から7区田村和希にタスキが繋がり、田村和希に関しては区間賞も十分に狙えるペースでレースを進めていました。
[br num=”1″]
しかし、給水のスポーツドリンクが逆流してまさかのペースダウンを余儀なくされます。
[br num=”1″]
青山学院大学駅伝部にとっても田村和希はエース格として期待されていましたので、突然の体調不良に不安がよぎりました。
[br num=”1″]
しかし、そんな停滞ムードを吹き飛ばしたのが青山学院大学・下田裕太だったのです!
[br num=”1″]
平塚中継所では早稲田大学に追い上げられていましたが、田村和希の粘りの走りによって下田裕太に襷は繋がれます。
[br num=”1″]
実は出雲駅伝や全日本大学駅伝では絶好調だった田村和希とは異なり、下田裕太は調子が上がらず希望していた箱根駅伝の4区を走ることができなかったのです。
[br num=”1″]
田村和希が不調の時には自分が頑張ると奮起した青山学院大学・下田裕太は追いすがる早稲田大学を振り切り、なんと1分21秒の差を5分32秒まで広げたのです。
[br num=”1″]
区間新記録はならなかったですが、区間賞を獲得した青山学院大学・下田裕太は箱根駅伝2017で名実ともに全国に名を知らしめたのです!
[br num=”1″]

下田裕太の進路は実業団でマラソンや高校は?

そんな青山学院大学・下田裕太ですが、卒業後の進路はGMOアスリーツにすでに決まっているとのことです。
[br num=”1″]
10代のマラソン日本記録を持つ青山学院大学・下田裕太には実業団からのオファーが殺到していましたが、先輩の一色恭志がGMOアスリーツに所属していることなどが進路を決めるきっかけになったようです。
[br num=”1″]
また、GMOアスリーツは花田勝が監督を務め、青山学院大学駅伝部監督の原晋もアドバイザーを務めるなど体幹トレーニングの青トレや中野ジェームズ修一によるモチベーションやメンタルトレーニングなどサポート体制が充実しています。
[br num=”1″]
東京オリンピックの超有望株として期待される若手のホープですから卒業後にマラソンに取り組むにはとてもぴったりな環境なのでしょう。
[br num=”1″]
もともとは静岡県出身で加藤学園高校で陸上を始めた青山学院大学・下田裕太ですが、大学入学当初はあまり期待はされていなかったそうです。
[br num=”1″]
そんな青山学院大学・下田裕太を育てたのは原晋監督をはじめとした青山学院大学駅伝部のトレーニング環境といえるので今後も頑張ってほしいですね!

【スポンサードリンク】

下田裕太は彼女がアイマスでP?

ムードメーカーとしても知られる青山学院大学・下田裕太ですが、大のアニメ好きでも知られており、アイドルマスターミリオンライブ!の大ファンなのだそうです。
[br num=”1″]
特に水瀬伊織と七尾百合子の大ファンとのことで担当Pとして多くの駅伝ファンとアイマスファンから好評を得ています。
[br num=”1″]
かつて山の神と呼ばれた柏原もアニオタとして有名でしたが、陸上選手は自分でメニューの管理や体調の管理を徹底するために内省的な変わり者の人が多いようです。
[br num=”1″]
箱根駅伝2017での大激走を見せた時にもアイドルマスターミリオンライブ!の作者から応援をTwitterで受けているなど青山学院大学・下田裕太Pとしても名を馳せています。
[br num=”1″]
Twitterでもミリオンライブ!の公式Twitterから応援の声が届くなど風の戦士として区間賞をお祝いされていましたね。
[br num=”1″]
水瀬伊織と七尾百合子の担当Pですので、彼女は不在なことでしょう!

まとめ

キャラも良し、実力も良しと青山学院大学・下田裕太には色々なジャンルの人々から注目が集まっています。
[br num=”1″]
箱根駅伝2018にむけては左足の故障が気になるところですが、血豆を潰してしまったとのことです。
[br num=”1″]
青山学院大学・下田裕太は絶対的エースに間違いありませんが、チーム事情を考えると無理をしてでも走らせなくてはならなかったのかもしれません。
[br num=”1″]
今年な簡単には勝てないとは思いますが、青山学院大学箱根駅伝4連覇にむけて頑張ってほしいですね!
[br num=”1″]
では!

【スポンサードリンク】

コメント