ソーセージ 茹でてから焼く?

いや、普通に焼いて食べてますけど。。。

実家にいた時は毎朝、食べていたのに

一人暮らしをしてからまったく食べなくなったソーセージ。

お母さんが作ったソーセージ卵焼き食べたいなぁ。。。

そんなソーセージですが、フライパンで茹でてから焼くと美味しくなるって噂です。

なんか面倒くさそうですが、調べてみました!!!

【スポンサードリンク】

ソーセージについて

ソーセージの歴史はハムよりも古く、ホメロスの『オデュッセイア』には既に、山羊の胃袋に血と脂身を詰めた兵士の携行食として登場している[2]。

保存食としての伝統的なソーセージは、刻んだ肉と塩を食べられる袋に詰めて作られる。

塩を入れる理由は有害な微生物の増殖を抑制することと、筋繊維タンパクを溶解させ肉同士を結合させるためである。

多くは羊や豚の腸などのケーシングに詰められるが、最近は低脂肪組成の人工ケーシングも多く使われる。

ソーセージは中に詰める肉の粗さ、肉と脂肪との比率、血液、シーズニングなど地域によって様々な種類が存在し、さらに保存方法も空気乾燥、燻製、発酵など多岐に分かれる。

日本における一般的なソーセージの種類(基準はJASによる)

ウインナーソーセージ – 太さ20mm未満で羊腸を使用したもの(オーストリア・ウイーンに由来)

フランクフルトソーセージ – 太さ20mm以上36mm未満で豚腸を使用したもの(ドイツ・フランクフルトに由来)

ボロニアソーセージ – 太さ36mm以上で牛腸を使用したもの(イタリア・ボローニャに由来)

また、製造後数日で調理して食べることを想定したソーセージを生ソーセージといい、製造過程で加熱しそのまま食べられるものを調理済みソーセージと呼ぶ[3]。

日本では魚肉をソーセージと似た形状に加工・包装した食品が販売されている。これを魚肉ソーセージというが、単にソーセージと呼ぶ場合もある。

【スポンサードリンク】

ソーセージの食べ方

夏といえばやっぱりビール!

そんなビールのお供に最適なのがソーセージですよね。

都内ではソーセージ専門店があるなどソーセージは人気ですね。

しかしながら、ソーセージを作るのには添加物が必須。

入れないと、自分たちの手に届くまでに腐ってしまいますからね。

手作りでソーセージを作ったことがあるのですが

なぜかゴムのように硬くて食べきれませんでしたw

ソーセージって意外と奥が深いんです。

そこで、今回は茹でてから焼くと美味しくなる

との噂を解明しようとしているのですが

手元にあるシャウエッセンには3分間茹でてください。

と表記されていますね。。。

さらに詳しく調べてみました!

ソーセージ 茹でてから焼く?

ま、まじですか、、、

確かに普通に焼くと皮は焦げて剥がれるし

茹でるのもソーセージの旨味が

溶け出すような気がして嫌だったのですが

この方法であれば、かなり美味しく食べれそうです!!!

まとめ

ソーセージは茹でてから焼くと美味しくなることがわかりました!

ぜひみなさん、チャレンジしてみてください。

では!

【スポンサードリンク】