相鉄線の星川駅~天王町駅高架化で混雑緩和?12000系や歴代車両

電車

相鉄線の星川駅~天王町駅が11月24日に高架化になると話題になっています!

 

オイシックスやくまモンをクリエイトした水野学さんがディレクターとなっているので、最近の相鉄線はビジネス誌でもよく取り上げられていますね。

 

今年は20000系がデビューし、2019年にはJR・東急直通線とともに12000系もローンチされるとあってついに相鉄線の時代がやって来る気がします。

 

羽沢横浜国大駅を中心に新たな都市計画が進行している横浜市の未来を担う相鉄線についてまとめてみました!

 

【スポンサードリンク】

相鉄線 星川駅~天王町駅の高架化!

 

横浜市がお金がない中なんとか実現した星川駅と天王町の高架化

 

2002年から始まったそうですが、京急蒲田駅も確かそれくらいから高架化に取り組んでいたような…

 

そんなことはさておき、坂の聖地・星川駅と横浜の下町・天王町駅は踏切が長いことで知られていました。

 

近くの鶴ヶ峰駅も地下化計画がありますがたぶん2025年くらいになるかと思いますw

 

とにかく踏切が長いことで知られているため地域の人にとっても高架化は大変メリットがありますね。

 

踏切事故防止によって渋滞の緩和が期待でき、鶴ヶ峰の開かずの踏み切り問題も早急に解決してほしいなーと思います!

 

相鉄線 高架化記念イベント!

 

2018年11月24日から星川駅~天王町駅間は高架化しますが、2002年から横浜市もお金がない中頑張ってきました。

 

そんな高架化記念イベントとして12月8日には「星天レールウオークイベント」が開催されます。

 

もともと電車が走っていた地上の路線を800人の人が歩くという面白企画で、鉄道ファンとしてはぜひとも参加したいところです。

 

さらに広報担当のそうにゃんも絵本を11月23日に発売するそうで、相鉄線も着実に効果的なマーケティング戦略を駆使しているようですね。

 

個人的には今のうちに地上線路を走る電車を記念に残しておきたいですw

【スポンサードリンク】

相鉄線 歴代車両!

 

9000系リニューアル車から電車業界に革新を起こしている相鉄線。

 

20000系にいたってはこのご時世にあって攻めに攻めまくってるので個人的に相鉄線が2020年以降は伸びてくると確信しております!

 

また、平成も終わりに近づいてますが7000系の赤とシルバーの配色もよく見てみると大胆なデザインで好きな人も多いことでしょう。

 

8000系〜11000系時代は平成のデフレ期を象徴するかのごとくホームにきてもあまりワクワクしてないデザインでしたが、12000系からはヨコハマネイビーブルーのとんでもなくカッコイイ車両が登場します。

 

12000系が打ち出した能面をモチーフにしたデザイン性は世界的に見ても注目されること間違いなしかと私はおもうのですが、最近の歴代車両への思いをまとめてみました!

 

12000系

 

20000系

 

9000系リニューアル

 

11000系

 

10000系

 

9000系

 

8000系

 

新7000系

 

7000系

 

モヤ700系

 

 

まとめ

 

相鉄線の歴代車両を振り返ると7000系がかっこよすぎて困ります。

 

ロシアの路面電車でトラムヴァーイRUSSIA ONEが世界一カッコいい電車だと私は感じているのですが、12000系も2019年話題になること間違いなしですよ!

 

以上、「相鉄線の星川駅~天王町駅高架化で混雑緩和?12000系や歴代車両」でした!

【スポンサードリンク】

コメント