2017年の早実野球部は清宮幸太郎が高校通算105本目を満塁ホームランで飾るなど16強まで勝ち進んでいます。


三番清宮幸太郎と四番野村大樹の迫力満点の打線は健在で甲子園でも活躍した橘内俊治や1年生でサードを守る生沼弥真人にも注目です。


しかし、投手力はエース格の服部雅生は10番で捕手を務めていた雪山幹太がエースとなっています。


春の甲子園や東京大会では壮絶な打ち合いに持ち込み、自慢の打線任せなところが大きかったですが、夏の甲子園に向けて春のメンバーとは少し編成が変わっています。

【スポンサードリンク】

早実野球部 投手力問題

昨年の秋大会では名門枚方ボーイズから来た中川広渡が主力として活躍。


しかし、春の選抜ではその中川広渡が投げることができずにエース服部雅生、池田徹、石井豪、赤嶺大哉の投手陣は東海大福岡に滅多打ちにあいました。


春の都大会では服部雅生、池田徹、石井豪、赤嶺大哉、大垣洸太で臨みますが、日大三高との決勝戦では18-17で打ち合いになり、2017年の早実は投手力が課題となっています。


日大三高との試合では清宮キラーの桜井周斗が投げないなど夏の大会では日大三高が早実よりも強いとの下馬評となっています。


昨年の秋には投手王国と評された早実投手陣ですが、ここまでの戦いぶりを見ていると誰もエース格として実力を発揮するものはいませんでした。


そして、なんと夏の大会ではまさかの雪山幹太がエースとして背番号1番をつけています。


春の大会の後には雪山幹太や野村大樹が練習試合で登板することもありましたが、池田徹、石井豪、大垣洸太はメンバーから外れています。


服部雅生、今井佑哉、中川広渡、赤嶺大哉が控えとして登録されており、一年生の伊藤大征もベンチ入りを果たしています。


センバツでは明徳義塾相手に粘りの投球を見せた石井豪でしたが、夏の大会では今井佑哉や中川広渡の調子が良かったのでしょうか。


とにかく投球陣への奮起を促しての雪山幹太のエース背番号とのことですが、夏の大会は継投で粘り強い戦いが大切になってきますね。

早実野球部2017年の夏の大会メンバー!

1 雪山 幹太 2年生 神戸平野中学


2 野村 大樹 2年生 同志社中学


3 清宮 幸太郎 3年生 早実中等部


4 橘内 俊治 3年生 世田谷松沢中学


5 生沼 弥真人 1年生 世田谷八幡中学


6 野田 優人 2年生 早実中等部


7 福本 翔 3年生 新座二中学


8 横山 優斗 2年生 鎌ケ谷三中学


9 小西 優喜 3年生 調布神代中学


10 服部 雅生 3年生 立川五中学


11 今井 佑哉 3年生 早実中等部


12 中川 広渡 2年生 京都下京中学


13 赤嶺 大哉 2年生 那覇上山中学


14 高橋 弘大 3年生 つくば豊里中学


15 福嶋 壮 3年生 早実中等部


16 白井 康 3年生 岡山岡北中学


17 荒井 陸央 3年生 早実中等部


18 今井 海斗 3年生 早実中等部


19 西田 燎太 3年生 早実中等部


20 伊藤 大征 1年生 兵庫本山中学

【スポンサードリンク】

早実野球部の進路は?

あの斎藤佑樹は清宮幸太郎の進路について後悔のないように本人が決めた道が正解だと語っていました。


斎藤佑樹の場合は甲子園で結果は出せたが、プロ野球で即戦力として活躍できるレベルではないとの判断があったようです。


そして、早大野球部での出逢いも財産と語るように高校野球で通用しない選手は大学に進学したほうが人間的にも成長できるなど可能性が広がります。


王貞治ととともにプレーし、早実から早大に進学し、国鉄や中日でプロ野球選手として活躍した徳武定祐は中日やロッテでコーチを務め、早大でも長年コーチを務めていました。


徳武定祐は王貞治が後輩におり、王貞治が高卒でプロに入り、長嶋茂雄とライバル関係になり成長したことなどを語っており、早大に進学した場合は斎藤佑樹の時のようにメディアから注目されることで清宮幸太郎が野球への考えを甘く持つと成長は難しいとしています。


高校の一年生から注目を浴びる中で活躍し、三年生になってからはキャプテンを務めるなど、野球をやるならすでにプロ野球に行っても問題はないくらい実力と人間性は清宮幸太郎にはあるのではないでしょうか。


斎藤佑樹の場合は高校三年生から急にチヤホヤされ始めたと違いがあるので、大学に行ったとしても成長できる人生経験は清宮幸太郎にあります。


さらにはアメリカの大学への進学との記事もありますが、さすがにこれはないでしょう。

まとめ

和泉実監督は投手を育てるのがあまり上手ではないと言われていますが、まさかの雪山幹太がエース番号を背負うとはなかなかの策士ですね。


雪山幹太はもともと内野と外野を守っていましたが、昨年の秋から捕手に転向。中学生の時には投手として活躍していたので、器用で配給や投手心理などの理解に長けていました。


そして、右打ちから左打ちにも転向しており、夏の大会では5番に座るなどセンス抜群の選手です。


捕手としては昨年の冬に左親指の付け根を負傷していることから春の都大会後にセンターへ。


投手陣が信頼を得られない中で雪山幹太は投手に抜擢されます。


秀岳館との練習試合では3番の清宮幸太郎と勝負するために2番に入っていた雪山幹太が敬遠されたことがニュースになるなど悔しい思いをしてきました。


今年の早実は清宮幸太郎や野村大樹も注目ですが、雪山幹太を個人的には応援しています。


日大三高はエースの桜井周斗がイップスから復調し、金成麗生が投手に復帰するなど早実対策を施してきています。


例年にない盛り上がりを見せる東京の高校野球。


早実野球部に注目が集まります!


では!

【スポンサードリンク】