ステルヴィオはアルファロメオがはじめてSUVに挑戦したニューマシンとして2016年のロサンゼルス・モーターショーでのお披露目から話題を呼んできました。


世界的にも有名な峠であるステルヴィオ峠を名前の由来としており、車好きが一度は憧れるつづら折りの道は世界最高のドライビングロードとして高く評価されています。


ステルヴィオ峠はツーリングの名所としても知られており、ステルヴィオ峠の雪壁を背にしてイタリア国旗が靡く風景は素晴らしく、下り区間では鋭角のスイッチバックが連続する難所としても知られていますね。


サイクリクスト達は寒さのあまりお腹を下すことも多いそうで、ガゼッタ紙をお腹に入れてツーリングをする伝統は昔から変わらずあるそうです^ ^


そんなイタリア・アルプス山脈の峠の名を冠したアルファロメオ・ステルヴィオについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

ステルヴィオについて

世界で最も早いSUV


フィアット傘下に入ってからのアルファロメオはさらなる進化を求めてスポーツ路線に舵を切りました。


その中でステルヴィオはSUVならではの目線の高さが特徴的でありながらもトルクベクタリングという技術を採用しています。


そのためステルヴィオ峠のような鋭いコーナーに対しても高い目線から滑り落ちるようなシャープな曲がりを実現できるのです。


ステルヴィオ峠の鋭角なワインディングロードを立て続けに攻めていけるようなSUVがあるのならばドライブがさらに楽しくなりますね。


スポーツカーのようなシャープな曲がりを背の高いSUV目線で堪能できるのがアルファロメオ・ステルヴィオの真骨頂と言えそうです^ ^


ストレージコンパートメントも525Lありますよ!

ステルヴィオ スペックや内装

そんなアルファロメオ・ステルヴィオですが、ジュリアやクアドリフォリオの操作性の良さも色濃く受け継いでおり、RACEモードのマニュアル変速は高い評価を世界で受けています。


ステルヴィオはステアリングコラムが標準搭載され、レーシングやスポーツカーのようにステアリング周辺にスイッチが配置されていますね。


エンジンがフェラーリ製の100%アルミニウムとあってステアリング周りもフェラーリにどこか似ている気がします^ ^


ちなみに2.0L直4気筒ターボです!。


車高が高く、急コーナーをこれだけシャープにハンドルを切れると新たなドライビング・インスピレーションが生まれる気がします。


ぜひ首都高湾岸線で浜風に吹かれても乗ってみたいものです!


内装は天然スエードかと思いきや、アルカンターラを採用しており、ブラックとレッドを基調としたレザーと相まってエレガントでありありながらもスポーツを感じさせるデザインとなっていますね。


アルカンターラといえばランチア!はちょっと古いかもしれませんが、夏場を考えると本革オンリーよりは耐久性と機能性を兼ね備えているといえます。


スポーティーなアルファロメオにふさわしいアルカンターラの素材感だと個人的にはちょっとこだわりを感じています^ ^


エンジンに関しても510馬力とも言われており、マセラティとはまた別種のv6ユニットを採用。


このスペックで4WDのSUVとなれば一度はその安定した車両感覚を覚えてみたくなってしまいます。


RACEモードに切り替えた瞬間(とき)には思うがままにハンドリングをかましながら急カーブを加速して攻めていくことを想像すると新たな「スポーツSUVカー」時代の到来を感じてしまいます^ ^


ま、私は今日も営業車のダイハツ・ムーブで湾岸線を飛ばしているのですが!w

【スポンサードリンク】

ステルヴィオ 日本発売やサイズ

背の高いジュリアとも呼ばれてるステルヴィオですが、ポルシェ・マカンがライバルと目されています。


最速SUVとフィアットが太鼓判を押しているようにステルヴィオが誇るトルクベクタリング技術は急カーブでもシャープな曲がりを実現し、高い目線からエッジの効いたラインでワイディングロードを駆け抜けます。


日本では「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション」の名前で7月21日に販売開始となっており、400台限定となりますよ!


気になるサイズやスペックをまとめてみました。


名前 アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション
サイズ 4690mm×1905mm×1680mm
重量 1810kg
エンジン 2リッター直4ターボ
総排気量 1995cc
最大出力 206kw 280ps
最大トルク 400Nm
動力性能 5.7秒 0-100km/h
乗車数 5人
ハンドル位置 右
4輪駆動システム アルファロメオQ4搭載

ステルヴィオ 価格

ステルヴィオ・ファーストエディションの価格は税込6,890,000円となっています。


アルファホワイト
アルファレッド
ストロンボリグレー
ブルカノブラック


の4色展開となっており、各色100台限定ですよ。


アルファレッドが抜群のかっこよさですが、インテリアカラーも4色から選べたりと、こだわってますね^ ^

まとめ

ステルヴィオ峠から名を冠するアルファロメオ最速SUVがついに日本にもやってきます。


ファーストエディションは本来のステルヴィオとはひとまわりグレードは低いものの、そのハンドリングをぜひとも体感してみたいですね。


フェラーリエンジン搭載のスポーツSUVとはまたまた楽しみな車が出てきてしまいました^ ^


私もダイハツ・ムーブを卒業してステルヴィオ乗ってみたいな…


では!

【スポンサードリンク】