社内恋愛をしているとラブラブな時は幸せなのですが、冷めてきた時は大変ですよね。




特に職場の先輩と付き合ってしまって束縛がキツイ人の場合はほんとうにしんどいです。




一緒に仕事をしている上司のことを好きになってしまい、好きなのに避けてしまう好き避けなどちょっとした仕草で社内恋愛がバレてしまうこともしばしば。




そんな社内恋愛の難しさについて調べてみました。

【スポンサードリンク】
好きな人と社内恋愛






職場以外でいい人もいなく、仕事を通じて仲良くなった人と付き合うパターンは社会人になると意外と多いですよね。




高校、大学の時も一緒のクラスやサークルの人と付き合っていたので、その延長線上で仲良くするのは割と普通のことでしょう。




しかし、会社となると派閥や上司にバレた時などめっちゃ仕事がしにくくなることもあり、酷い時には既婚者と浮気して会社をクビになるなんてケースも少なくありません。




社内恋愛はそういったリスクが潜んでいるので、無闇矢鱈に恋に焦がれてしまうと失敗してしまうことがあります。




仕事と恋愛はわけて考えなくてはなりません。

好きな人 好き避け






中学や高校の時に廊下で好きな人とすれ違うと避けてしまった経験誰しもあるはずです。




社会人になってからも通称・好き避けによって勘違いや相手に悪い印象を与えてしまうこともしばしば。




職場が一緒だとどうしても意識してしまうので、難しい面は多々ありますが、上司から指示されておるのに無視してしまうとそれはそれで仕事に悪影響です。




好き避けはシャイな性格の人に多く見られるようですが、仕事の時は注意していきましょう。

【スポンサードリンク】
好きな人 上司好き






上司好きの人にとっては職場で仲良くなる絶好の機会なので、どんどんアピールしてしまいがちです。




しかし、上司が既婚者だった時などどうしても叶わぬ恋というのもありますので、恋愛にのめり込みすぎて上司の家庭を壊さないことも大切です。




頼り甲斐のある上司のことを好きになるのはわかりますが、仕事と恋愛の線引きを忘れないようにしましょう。

まとめ






会社の先輩を好きになった時に気をつけないといけないことをまとめてみました。




先輩は頼りがいがあるので、新入社員の時はどうしても好きになってしまいがちです。




しかし、会社にもルールがあるので仕事との線引きは大切ですよね。