自分の好きな女性が職場にいて、その方が既婚者の場合、自分は一体どうすればいいんだ、と思っている男性の方々いらっしゃいますよね。




そんな方々に向けて、今回はそのような場合のアプローチ方法について書いていきたいと思います。




そして、アプローチ方法の前に注意書きをしておきます。

【スポンサードリンク】

本気で好きでもリスクを考えるべし

本気で既婚者である女性の方が好きでも、恋愛感情を持って動くことに関するリスクはしっかりと考えてください。




向こうには家庭があり、配偶者があるのですから、軽率な行動は命取りになることはわかりますよね。




略奪なんて考えてはダメです。




あわよくば相手の気持ちがこちらに傾いてくれたらいいなぁ、とかなり謙虚に期待しておくくらいがちょうどいいですね。




結婚しているということは一生一緒にいるつもりで決断したことですから、そう簡単に覆るはずがないのです。




しかし、最近結婚してもすぐに別れる人が多い印象なので、結婚という概念が変わりつつあるのかもしれません。




あなたにももしかしたらチャンスが…?

職場の既婚女性へのアプローチは違いを意識!

まず、既婚女性にアプローチするときに大切になってくるのは違いです。




違いとは何かと言いますと、他の男性との違いということ。




既婚女性というのは、男性という生き物に慣れていることが多いですから、普通の男性がアプローチしたところで全くなびきません。




もちろん、女性慣れをあまりにもしていない方がアプローチを仕掛けるには難易度が高いですからご注意ください。

1、まずは仲良くなるところから!

まずは仲良くなるところから始めましょう。




きっと独身の女性よりも既婚者の女性の方が男性に対しての警戒心が少ないので、話していれば仲良くなれる確率は高いです。




男性に対しての慣れもそうですが、結婚している場合、男性からアプローチされることというのはほとんどありませんからね。




仲良くなることができればあとは違いを演出していくだけです。




仲良くなるきっかけづくりはいくつかありますが、そこは割愛させていただきます。

2、次は食事に誘おう

次は食事に誘うところから!




これに関しては、独身の女性よりも気軽に受けてくれることが多いとおもいます。




先ほども言いましたが、結婚していると男性からアプローチされることがあまりないので、そういった心配をしていないからです。




ですから、あなたもアプローチをしている、というような感覚で誘ってはいけません。




あくまで自然にさりげなく。




食事に関しても向こうが慣れていることが多いので、それなりにまともなところをリサーチしてからいくべきですね。




相手が慣れているところに関してはきちんと相手に合わせることができるくらいの実力は必要です。




食事するところを決められないなんて、論外ですから気をつけてください。

【スポンサードリンク】
3、デート中に違いを演出!

違いを演出するという部分が一番大切。




どのような違いを演出するかというと、落ち着いた感じを出すのです。




相手の話を丁寧に聞いてあげて、レディーファーストは当然のようにやってのける。




難しいように見えますが、意識してやるようにするといいです。




少しくらいわざとらしくなってしまっても、そういった気遣いをできること自体がポイントアップにつながりますから。




また、会話においてもあまり自分の話はしないことをお勧めします。




ミステリアスな雰囲気を相手に感じさせることができると理想と言えます。




男女関わらずミステリアスな雰囲気の異性は気になってしまうもの。

4、恋愛の話も挟んでみる

恋愛の話も挟んでみるといいです。




相手の結婚生活や自分の恋愛話など。




これに関してもあまり自分のことを語らず、相手に喋らせてあげるといいですね。




結婚して落ち着いた女性というのは、落ち着いた男性を好む傾向にあります。

期待はしすぎないことが大切

食事に誘うことを1ヶ月に2回程度することを継続的にしてみるといいかもしれません。




断っておきますが、新婚の相手や結婚してから5年以内の方などはほとんど成功確率がないと思ってください。




結婚してマンネリ化しているような方を狙うともしかしたらチャンスが訪れるかもしれません!




過度な期待は自分の首を絞めますから注意してください。