スターバックスの福袋は毎年人気で話題を集めていますが、過去の中身が気になりますよね。




2018年の福袋からは抽選予約制になったので長蛇の列に並ぶことなく、福袋をゲットすることができるようになりました。




転売対策としてビックカメラなどでも抽選予約制が始まっていますが2019年もこのシステムが採用されると予想されます。




今回はスターバックスの過去の福袋の中身ネタバレや予約抽選について調べてみました。

【スポンサードリンク】
スタバ福袋2018 中身





2018年のスターバックスの福袋は




値段 6000円




中身




タンブラー
ステンレスタンブラー
コーヒー豆×2
マグカップ
瓶入りシュガー
保冷バッグ
トートバッグ
ビバレッジカード×4(610円まで)




となっており、1万2000円相当の商品セットが6000円とお買い得でした。



スタバ福袋2017 中身





値段 6000円




中身




タンブラー
ステンレスタンブラー
コーヒー豆×2
オリガミ
マグカップ
トートバッグ
ビバレッジカード×4(610円まで)




となっており、9000円相当の商品セットが6000円とお買い得でした。



スタバ福袋2017 中身





値段 3500円




中身




タンブラー
コーヒー豆
ノート
トートバッグ
ビバレッジカード×4(610円まで)




となっており、6000円相当の商品セットが3500円とお買い得でした。




値段 6000円




中身




タンブラー
ステンレスタンブラー
コーヒー豆×2
ロースト12本
グラスマグカップ
トートバッグ
ビバレッジカード×4(610円まで)




となっており、1万円相当の商品セットが6000円とお買い得でした。

【スポンサードリンク】
スタバ福袋2019 中身ネタバレ予想





スタバ福袋2019は3500円福袋が復活してくれればと思うばかりです。




ただ、2018福袋はそれなりに好評でしたので2019年もかなり期待がモテます。




スターバックスもアメリカではだんだん縮小傾向にあるようですが、福袋に影響があるかもしれません。




ドトールやタリーズでも福袋が毎年販売されているのでこちらも要チェックです。



スタバ福袋 抽選予約





スタバ福袋は2018年から抽選予約制になりました。




2017年は11月30日〜12月13日の間で抽選エントリーが行われ、12月21日に当選の発表がされていたので2018年も同じ方式で行われると予想されます。




当選者にしかメールは届きませんので、注意は必要です。




以前は朝早く並べば、根性で福袋はゲットできたのですが中国人が転売目的でグループを結成していることもあり、対策が講じられています。




抽選に当れば並ぶ必要はないのですが、1月1日(店舗によっては1月2日、3日の場合もあるそうです)に引換えに行かなければゲットできないのでここも注意が必要です。




寝正月だと取りに行くのが面倒なので、2019年福袋は取り置きができればいいですよね。

まとめ





2018年は、1月1日に引換えに来ない人がいた場合には1月2日に店内にて再販売が行われたそうです。




なので1月2日に福袋をゲットできる可能性はなきにしもあらずですよ!




抽選予約制ではありますが、落選の場合でも福袋をゲットできる方法はあるのですね。