ブラック企業で退職届けも出さずに転職した時の失敗談【退職代行】

転職

もう限界やっ…

 

中途採用でなんとか職にありつけたものの、気がついたら高速に乗って毎日飛び込み営業をしていた31の冬。

 

みなさんの中にも

 

「こんなんじゃなかったはず…」

 

と思いながら、やりたくもない仕事をしている人がいるかと思います。

 

渋谷や新宿のきれいなオフィスでテレアポならいい方で、地方に行ってまで飛び込み営業しているときは

 

「人生って難しいな…」

 

とつくづく感じていました。

 

そんな生き方をしていた僕ですが、最終的に社長と喧嘩別れして退職届けを出さずに辞めてしまいました。

 

社会人としてどうなの?

 

と今では反省しているのですが、当時は必死で逃げることで精一杯。

 

その時の失敗談をもとになるべく穏便に退職する方法をまとめてみました!

 

退職代行はこちらから

 

 

辞めたくても辞められないっ…わけではない!

 

転職するときに1番気にするのが、

 

辞めたところで生活できるのかな?

 

という痛切な思いでした。

 

何でこんな会社入ったんだろっ…

 

とはいっても他に入れるところないよなっ…

 

学歴も職歴も大したことない僕としてはなんとかして営業として食らいついていくほかなかったのです。

 

とはいっても何度か転職自体はしていたので、転職サイトを手当たり次第にリサーチすることにしたのです。

 

エン転職
Green
マイナビ転職
リクナビNEXT
ビズリーチ

 

営業車をコンビニにとめて小一時間。

 

いや、5時間。

 

ずっと転職サイトを見て応募をしていくと、伸びている職種とめっちゃ必死に勧誘してくる職種がみえてきたのです。

 

辞めたくても辞められない!ってわけでもないんじゃない?とその時思ったのです。まぁ31歳になれば、それくらいはわかるとは思いますが。。。

 

どの職種が良くて儲かっているの?

 

まず、WEBマーケティングの中でも広告運用の職種は求人も多く、未経験からでも一次審査に進めたのが6割。

 

たしかに仕組み作りができている会社ならば、再現性の高い教育ができるので短期間で規模を拡大しているところが多かったです。

 

逆に夢○ホールディングスなどをはじめとした営業職は

 

ほんとに人手不足なんだなー

 

と思うほどに、スカウトがたくさんきました。

 

とはいってもテレアポかコピー機や電話回線の営業だったので、さすがに応募すること自体辞めました。

 

とにかく転職を志す時には

 

・職にありつけるのか?

・営業以外の仕事は無理では?

・今の仕事よりキツくない?

 

など不安で仕方なくなるのですが、それはすべて

 

リサーチ不足

 

によるものです。

 

とにかく今はWEBにお金が流れているので、注目してみてくださいね!

 

とはいっても5つの転職サイトに登録するような暇はないと思います。

 

営業車の中で1日中寝てられる営業じゃない限り…

 

なので、まずは1つの転職サイトをくまなくリサーチすることから始めてみましょう!

 

辞めるのは勢い!意思表示をしないとつけ込まれるっ…

 

怒られ貶され、それでも上司についていきたい!

 

そんな昭和の体育会系の文化もそろそろ終わりを迎えそうな2019年。

 

僕も高校サッカーをしてたのでわかるのですが、絶対神に褒められた時の恍惚感は何事にも変えがたいものがありますよね!

 

営業会社のマインドコントロールって怖いですが、追い込まないと結果って出ないものです。

 

僕も真面目でしたので、それが正しいと思ってたのですが、さすがに3ヶ月もすると

 

あれっおかしくねっ…

 

って思い始めるんですね。

 

それでも未経験からナンパ師並みの営業テクがついてくる人も中にはいたり、自分だけ取り残された気分になったり…

 

こればかりは仕事の本当に辛いところですよね。

 

家庭があったりすれば強いと言われていますが、モテないアラサーにとっては別の道を考える他なかったのです。

 

ジリジリと社長に詰められて、私生活も破綻していく。

 

そんな時期を乗り越えて営業マンして成長していく。

 

そんな夢物語があったら、いいのですが僕の場合は弱みに付け込まれてる感しかなかったので、さっさとラインで辞める意思を伝えたのでした。

 

ラインでの退職届けはNG!とはいえやむを得ない時もある。

 

最終的にいわゆる「バックれ」をかました僕です!

 

とはいっても仲のいい先輩もいたので、少しやりすぎたかなと今では反省しています。

 

ラインで退職の意思を社長には伝えたものの、ガチギレされて話にならず。

 

会社に呼び出されて説教されるも

 

・次も決まってないのにやばいだろ?

・さっきはああいったけど、期待してる

・今まで俺がしてきたこと無駄になるよな?

 

こんな感じで結局、つめられたのです。

 

次の日からラインもブロックし、何度も鳴る電話にも出ず。

 

正直、辞める時ってタイミングなんですよね。

 

今しかないっ!って思ったら何としてても辞めなくてはならない時はあるのです。

 

ホワイト企業に勤めてる人にはわからないことですが、ベンチャーの営業会社はまじでパワハラの嵐です。笑

 

退職届けも出さずに転職した結果っ…

 

会社を辞めてからすぐにいろんな会社の面接に行きまくった僕です!

 

とはいえ、前の会社からの電話は毎日あるので、なんとも言えない罪悪感に襲われます。

 

面接ではいくらでも有給消化中などと言えるのですが、それも嘘なので真面目な僕にとってはけっこうハードでした。

 

そして、なかなか採用も決まらなかったために

 

あんな辞め方したからダメなのかな…

 

と次第にやる気がなくなっていきました。

 

せっかく新しい環境で、人生を送っていこう!と考えていたのにこれでは本末転倒ですよね。

 

健康保険や雇用保険の手続きが行われているのか?

 

実家に電話されてるのでは?

 

家まできてたらどうしよう?

 

そんな疑心暗鬼な気持ちになり、バックれた後悔がつきまとう日々を過ごさざるを得なかったのです。

 

辞めるなら迷惑をかけないように辞めよう!

 

いろんな思いがあり、どうしても辞めなくては気が済まない時もあります。

 

僕は飽き性だし、独身なので粘ることなく辞めてしまったのですが、人によっては家族がいたりしますよね。

 

社会人として当たり前のことをできないと、後から大きなしっぺ返しがくると思うので、そこらへんはしっかりやらないといけません。

 

そうはいっても本気で追い込まれた時はまじでなんとかして逃げなくてはならない時もあります!

 

仕事で人生が破綻していくなんて、悲しいですから。

 

そんな時には退職代行といったサービスがありますよ!

 

退職代行はこちらから

 

これはまさに僕のようなクズのためにあるような気がします。笑

 

なかなか面白いサービスですが、さすがにお金かけてまで退職するのか?と思ってしまいます。

 

そうはいっても本当にヤバくて追い込まれている人の少しでも力になれればいいですよね。

 

僕も社長にガチギレされている時にこれを知っていれば、速攻で頼んでいたかもしれません。

 

それだけ、退職って強い気持ちがいりますし、大変なんです。

 

まとめ

 

テキトーに退職した時のデメリットをご紹介しました!

 

こうみていくと、どうにもしょうがない時には代行してもらうのもありかなと思います。

 

ブロック企業もいろんな想いや人間が集まって経営されているので、テキトーに退職するのだけは辞めてくださいね!

 

実際にそれをバネにして僕も新しい仕事を見つけましたが、罪悪感に襲われながらの転職活動もそれはそれでキツイっ…笑

 

以上、「ブラック企業で退職届けも出さずに転職した時の失敗談【退職代行】」でした!

コメント