日馬富士が貴ノ岩をいじめた話は白鵬が貴ノ岩をよく思ってなかったことがそもそもの原因だったことが明らかになっていますが、なぜか親方の貴乃花が問題視される事態に発展してきています。


貴乃花も親方となってからは角界の改革に乗り出す男として話題になってきましたが、現在の主流派からの支持を集めることができずに理事長への道を後一歩のところで逃してきました。


理事長になるために今回の日馬富士事件を利用したとの報道がされていますが、八角理事長は一連の騒動の責任を取らねばならず八角派の伊勢ヶ濱親方も理事から引き摺り下ろす展開になるならば貴乃花親方の理事長就任は現実的なものとなります。


今回はそんな貴乃花親方の今後について予想しました!

【スポンサードリンク】

貴乃花親方は聴取拒否で理事降格?

本来ならば弟子を傷つけられた親方として批判を恐れずに告発に乗り出したと評価されるべきなのですが、巡査部長なのに勝手に鳥取県警に被害届を提出し、伊勢ヶ濱親方の謝罪があったのにも関わらず騒ぎを大きくするなどして九州場所をめちゃくちゃにしたと角界関係者からは批判が殺到しています。


貴乃花親方としては旧態依然とした相撲界に風穴をあけるべく必死の行動に出たつもりが、主流派やマスコミからの猛バッシングとなってしまい世間的には問題児として理事降格の声が大きくなっています。


今後は八角理事長が責任を取る形で降格となれば八角派の伊勢ヶ濱親方も理事を降格となることが予想されますが、それよりも貴乃花親方自身が巡査部長の役目を果たさずに九州場所を混乱に導いたとして責任を取らねばなりません。


さらにここにきて貴ノ岩の聴取を拒否するという前代未聞の大騒動に発展しています。


・貴ノ岩が白鵬に勝ったことで稀勢の里が優勝


・稀勢の里が優勝したことで横綱に


・白鵬は貴ノ岩が気にくわない


・モンゴル勢でも礼儀に厳しい日馬富士が貴ノ岩をいじめる



ここまでで日馬富士や貴ノ岩の引退という事態に発展しかねない話なのですが


・貴乃花親方が相撲協会への報告義務を果たさず鳥取県警に被害届提出


・貴乃花親方が伊勢ヶ濱親方の謝罪を無視


・貴乃花親方が対決姿勢を強め、騒動が大きくなる


・貴乃花親方理事降格の危機


・貴乃花親方が貴ノ岩への聴取拒否



といった形でせめて伊勢ヶ濱親方の謝罪で一件落着となっていれば大人の対応として理事長選でも有利に立てたはずなのですが、なぜか暴走しているように見えてしまいます。

【スポンサードリンク】

被害届で八角理事長辞任や勢力拡大?

そもそもの事の発端は理事選で貴乃花が伊勢ヶ濱親方に票を投じた見返りとして理事長選では貴乃花親方を支持した伊勢ヶ濱。


しかし、貴乃花親方が理事長選で敗れるや否や八角派に舞い戻る荒技をみせた伊勢ヶ濱親方


これに貴乃花親方は激怒し、伊勢ヶ濱親方を何としても理事から引き摺り下ろす目論見が裏では存在するのです。


さらに貴乃花親方としてはあの伊勢ヶ濱親方の弟子である日馬富士から大切に育ててきた貴ノ岩がいじめられたとあっては自分のメンツよりも貴ノ岩のことを大切に思う気持ちから大騒動を巻き起こし相撲界の改革に乗り出しているのかもしれません。


このストーリーだと貴乃花親方がかっこよすぎますね!


現在の主流派を悪役に見立てて世論を動かそうとするのはどこかの都知事に似た手法なのかもしれません。


八角派への圧力ではなく弟子のために世間体を捨てての被害届や聴取拒否となれば話は違ってきますが、やはりそこは既存のメディアや相撲界の人々がそうはさせないといったところなのかもしれません!

Twitterの反応

まとめ

九州場所終了が今から待ち遠しいですが、2018年1月には理事選が行われます。


伊勢ヶ濱親方は落選で代わりに九重親方が理事になることを貴乃花親方は狙っているとの報道もありますが、勢力拡大は現状では難しいかもしれません。


山響親方と九重親方が貴乃花親方に投票しても残りの6人が八角理事長に投票すれば理事長にはなれませんから。


被害届を提出せずに相撲協会に報告し、聴取にもしっかり応じた方が相撲協会からも評価された気もしますし、先走りすぎた感は否めません。


しかし、坂上忍などは閉鎖的な相撲協会や八角理事長へ疑問を抱く発言をしており、少しは相撲協会が変わるきっかけとなったことは確かですね!


そもそも日馬富士が横綱のくせに後輩モンゴル力士をいじめたのが諸悪の根源ではあるのですが、もしかすると白鵬も責任問題で引退となる可能性も考えられます。


今後はモンゴル力士にとって活動が難しい時代に突入することが予想されますね。


では!