この記事をご覧の皆さん、高尾山はご存知ですか?


東京の端っこにあるあの山です。


登山初心者にオススメの山見たいなので、登ったことがある人もいらっしゃることでしょう。


ですが、今回記事で紹介したいのは登山についてではありません。


実は高尾山は紅葉を見るにはもってこいのスポットなのです。


どうでしょうか。


知らなかった方もいるのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

高尾山ではどんな紅葉が見られるの?

高尾山では、たくさんの種類の紅葉を見ることができます。


・オオモミジ


・イロハカエデ


・ブナ


・ヤマウルシ


というように、多彩な紅葉を拝見することができるのです。


これらが紅葉として色づき始めるのは、11月初旬から見たいですね。


色づき始めたのち、一番見ごろな時期は11月中旬〜11月下旬とのことです。


ちょうど秋の気持ちのいい気温の時期に見ることができますね。


紅葉を見ながら登山もできるって最高じゃないですか?

高尾山までのアクセスについて

高尾山までのアクセス方法は、京王高尾線の高尾山口駅からケーブルカー乗り場まで徒歩5分、そこからケーブルカーに乗って移動すると言った感じですね。


このアクセス方法に関していえば、新宿から一本で行くことができるので、迷うということはないと思います。


新宿の西口から京王線乗り場まではすぐですしね。


または、首都圏中央連絡自動車道高尾山ICを降りて約3分ほどでアクセスすることができます。


車でアクセスする場合もあまり迷うということはなさそうですね。


高尾山の駐車場については、シーズン中はかなり混み合うみたいで、公共交通機関利用が推奨されていますね。

【スポンサードリンク】

駐車場は一つしかない?

できれば電車で行くのがベストですが、ドライブがてら紅葉を見にいきたいという方のために、周辺の駐車場を調べて見ました。


いくつかあるみたいですね。


近くまで到達したら、その場でグーグルマップで駐車場を検索すればすぐに見つけられると思います。


周辺の駐車場は結構密集していますから。


しかし、やはりシーズン時はかなり混雑しているためどの駐車場も埋まっていることが多いみたいですね。


できれば公共交通機関を利用するのがいいでしょう。

紅葉シーズンの高尾山ではもみじ祭り!

どうやら、11月1日から11月30日にかけて、高尾山では「もみじ祭り」なるものが行われているみたいです。


紅葉を見にくる人に向けてのものですね。


この祭りの効果でかなり盛り上がっていることが予想できますね。


山に登ることができるだけでなく、紅葉も見れてお祭りも楽しめるのです。


11月に登山をするのなら高尾山で決まり! と言いたくなるような内容ですよね。

見所は紅葉だけではありません!

紅葉が見ることができると言いましたが、何も綺麗な自然というのはそれだけではありません!


実は高尾山には多くの自然の魅力があるのです。


約1200種類の植物、約100種類の野鳥、約5000種類の昆虫が存在しています。


登山の醍醐味である大自然を味わいながら、季節特有の一面の紅色を堪能するってすごく気持ちが良さそうですね。

注意するべきこと

他の紅葉スポットと違うのは、ここが山だということですね。


完全に人間によって整備されているわけではないですから、しっかりとした服装で臨むべきです。


長袖長ズボンは基本ですよ。


あまり軽装で行ってしまうと、虫に刺されたり怪我してしまったりしますからね。


そこだけ気をつけるようにしましょう。


ましてや、山に登るという気持ちで行くのであればなおさら服装には注意を払うべし。


注意するべきところはきちんと注意して、最高に気持ちのよい11月を過ごしちゃいましょう。

【スポンサードリンク】