田浦文丸といえば秀岳館が誇る2大投手のうちの一人として知られ、豪腕投手としての異名も高い選手です。


同じ腕の振りなのに「スライダー」や「チェンジアップ」などの投球術はもちろん、打者としても4割超えの万能タイプといえます。


2017年の甲子園ではこの田浦文丸の活躍が目覚ましく、わかっているのに打てないと他の出場校が頭を悩ませていたのも記憶に新しいのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

田浦文丸の出身中学・身長は?

田浦文丸は福岡県大野城市出身で、身長170cm、体重75キロの少し小柄な左投左打の選手です。


「ストレート」「スライダー」「チェンジアップ」「カーブ」などの幅広い投手としても知られています。


小学校時代は「平野リトルジャガーズ」に所属して頑張っていて当時から力強い振りができる投手として有名だったそうです。


平野リトルジャガーズは「元気・礼儀・感謝」をモットーにして「人間育成」と「体力づくり」に力を入れています。


出身中学校は平野中学校で当時からクラブチームである「糸島ボーイズ」に所属していました。


「糸島ボーイズ」は硬式野球チームであり部員数が約70人、入部にはセクションに合格しないと入れないなど条件があります。


リョーユーバン社長が前面バックアップしていることでも知られホークスアカデミーのバックアップなどのあり野球選手として高い技術が期待できることで知られています。数々の大会でも優勝する有名なクラブチームです。


田浦文丸には兄弟もいて田浦由亮選手が秀岳館の1年として在籍しています。


「糸島ボーイズ」でもキャプテンショートで活躍するすごい選手で、今後注目されていくのではと予想されています。

【スポンサードリンク】

田浦文丸はドラフトでプロ?

田浦文丸の彼女情報についても調べてみましたが、わかりませんでした。


田浦文丸の情報はインターネットでも比較的少ないこと、これからより伸び代のある選手として大事な時期になりますので彼女はこれからといったところでしょうか。


田浦文丸といえば先日の「侍ジャパンU-18」での活躍も目覚ましく、6安打6四球29奪三振5失点の好成績を見せました。


さらに救援で登板した試合でも5試合は12回で無失点と高校生とは思えない圧巻の投球で、日本唯一のベストナインに選出されました。


「侍ジャパンU-18」のなかではプロ志望届第一号です。

まとめ

10月26日に行われるドラフト会議でも確実に人気株になると予想されています。


9月現在40名程度のプロ志望届が出ていますが、田浦文丸がどのチームでプレイするのか今から楽しみですね。

【スポンサードリンク】