あー転職したい!




激務に追われて今すぐにでも自由の身になりたい時ってありますよね。


でも、会社を辞めるのもすぐにはできないし、忙しくて転職活動もできない…


そんな時には思い切って辞めてみて、しばらく派遣やバイトとして働くのもひとつの手段です。


しかし、転職活動のつなぎで派遣やバイトになって本当に大丈夫なのでしょうか。


正社員に戻れなくなったらどうしよう…


などリスクやデメリットなど転職活動をしながらの派遣について対策も含めて考えてみました!

【スポンサードリンク】

派遣でも忙しくて転職先が決まらない




思い切って会社を辞めてみよう!




と転職活動を始めるも仕事の疲れもありなかなか転職が決まらない、、、


とりあえず派遣やバイトで食いつなぎながら転職活動をしようと思い切って現職を退職した場合。


実際のところ自分が何を目指していくのか考える余裕が必要ですよね。


貯金がなくて生活費を稼ぐのためなのか


仕事のストレスからしばらく解放されたいのか


ステップアップやスキルアップを考えて計画的に派遣やバイトをするべきですが、多くの場合は次の仕事が決まらない、生活費を稼がなくてはならないからしかたがなく派遣をしてしまいがちです。


そして、派遣として働く際にも業務が楽なわけではありませんし、実際のところ3ヶ月という契約期間がある場合にはしっかり結果を出さなくてはならないですよね。


さらには派遣先が決まらず、落ち着いて転職活動に打ち込む余裕もなくなってしまうことも少なくありません。


とりあえずで仕事を辞めてしまうとストレス発散にはなりますが、そこから次の転職が決まらない場合のリスクは考えなくてはなりません。

派遣から正社員を目指すには?

そんなことを言っても家庭の事情で派遣として働かなくてはいけなかった場合やどうしても正社員を目指したい時には忙しさを言い訳にはできませんよね。


会社を辞めて転職活動をしようと派遣やバイトで食いつなぎながらの人も派遣から正社員を目指す人も忙しい中でもできる対策をまとめてみました。

1 スキマ時間で転職サイトに目を通す

毎日の仕事の忙しさでついつい見逃してしまいがちなのが正社員になるための計画性と自分なりのキャリアビジョン。


実際には働いている職種だけではなくて、未経験から始められる仕事や転職サイトによっても求人の特徴はまったく違う場合がほとんどです。


1つの転職サイトにこだわり過ぎて自分には難しそうなハイスペ企業ばかりだったり、逆にかなりブラックな求人ばかりのところだったり、、、


自分自身の可能性を広げるためにも様々な転職サイトに目を通してみることが意外と重要だったりします。

2 面接日程の調節をしてもらう

意外と働きながらの転職でつらいのが平日しか面接をしてもらえずに回数も3〜4回のところが多いところ。


面接なんて1回でいいじゃん!という気前のいい営業マンが社長のベンチャーなら楽なのですが、やはり土日面接ありで日程調整してもらえるところを選ぶのも大切ですね。

【スポンサードリンク】
3 そもそも働く目的はなんなのか考える

派遣を続けて三十路を迎えつつあるときには将来を考えてなんとか正社員として働きたいところ。


若い時は転職サイトでなんとなく決めたところでもよかったですが、家族のためや親のことを考えると安くても地元で働きたいと考える方も少なくありません。


さらに最近ではパラレルワーカーとして副業に取り組む人も増えてきているのでそもそも正社員であろうとも安定を求めるのは難しい世の中になってきました。


ですので、早く帰れて副業に取り組むことを目的とする人も今後は増えてくることでしょう。


そう考えると正社員で拘束時間が長いよりも派遣で定時で上がれることの方がいい場合もありますね。

まとめ

やはり転職活動で悩むのはやはり忙しい中で面接を受けなくてはならないこと。


結局のところまた忙しく仕事をしなくてはならなくなるのは嫌ですが、転職が決まらないことにはどうにもしようがありません。


しっかり転職サイトを見て自分のキャリアを考え直すことから始めておきたいところです。


では!

【スポンサードリンク】