天理高校野球部が奈良大付を破り、夏の甲子園出場を決めました。


準決勝では3季連続で甲子園に出場している智辯学園を2年生左腕の坂根涼太が力投し、8-7で勝利するなど今年の天理高校野球部は実力があります。


智辯学園はプロ注目の太田英毅や福元悠真など強力打線が売りでしたが、エース・松本竜也以外のピッチャーが出てきませんでしたね。


今年の天理高校野球部は元横綱・輪島の息子である輪島大地や天理のバレンティンこと神野太樹がいるなど話題性は充分。


さらに、監督は元近鉄・阪神で活躍した中村良二監督とあって、甲子園でも話題になること間違いなしですね。


今回はそんな天理高校野球部についてまとめてみました。

【スポンサードリンク】

天理高校野球部のメンバーの出身中学は?



1 碓氷涼太 大阪府・はすはな中学 3年生


2 城下力也 京都府・大宮中学 3年生


3 安原健人 大阪府・喜志中学 3年生


4 田中颯翔 大阪府・浜寺中学 2年生


5 森本翔大 兵庫県・成良中学 3年生


6 太田涼 大阪府・高鷲南中学 2年生


7 宮崎秀太 大阪府・土生中学 2年生


8 杉下海士 大阪府・田尻中学 3年生


9 神野太樹 愛知県・桜山中学 3年生


10 輪島大地 東京都・雪谷中学 3年生


11 南原龍生 奈良県・天理中学 2年生


12 橋本大剛 奈良県・天理中学 3年生


13 正楽仁哉 奈良県・片塩中学 3年生


14 山口乃義 大阪府・松原第五中学 3年生


15 猪俣雄士 大阪府・池田中学 3年生


16 岩本雄勢 和歌山県・緑丘中学 2年生


17 沼田理喜 奈良県・天理中学 3年生


18 橋本正大 奈良県・天理中学 3年生


19 迫川紗也 大阪府・松原第五中学 3年生


20 板根佑真 奈良県・畝傍中学 2年生

天理高校野球部の監督は?

天理高校野球部の監督は中村良二監督です。


中村良二監督は1986年夏の甲子園で天理高校が優勝した時のキャプテンでした。


強打者としてプロからも注目される選手で、ドラフト2位で近鉄バッファローズに入団。


高校では41本塁打、プロでもウエスタンリーグで最多本塁打を2回獲得するなどスラッガーでした。


近鉄バッファローズ、阪神タイガースとプロ野球を渡り歩き、1997年には現役引退。


2008年からは天理大学硬式野球部の監督として阪神大学野球リーグ1部に昇格を果たすなど指導者として活躍します。


2013年には阪神大学野球の春季リーグで優勝。


全日本大学選手権でも勝利をあげています。


大学野球での実績を積み重ねる中で学生野球資格を回復し、2014年2月からは天理高校のコーチに就任します。


春夏合わせて3回の全国制覇を誇る天理高校野球部を率いたのは2015年8月からで、選手を信頼し、自主性を育てる教育方針を目指しています。


元阪神ということで話題になっていますが、1986年夏の甲子園での松山商業との激闘は甲子園ファンの記憶に焼きついていますよね。


前監督である橋本武徳が重んじた和の精神を伝統として引き継ぎ、そこに競争原理を取り込むことで新しい天理野球を作り上げています。


元プロ野球選手ということで仰木彬監督の教えにも影響を受けており、プロ野球で積み重ねた技術を高校球児に伝えることも期待されています。


特に打撃の練習方法は分割して動きを教えることでバッティングが向上すると評判です。


中村良二監督にとっては初めての甲子園となるので新しい天理野球が見られることでしょう。


最近は福井県の坂井高校など自主性を育てる指導者の方が増えてきましたね。

坂井野球部が甲子園!メンバーや監督は?スタメンは福井県出身?

【スポンサードリンク】

天理高校野球部の注目選手は?

準決勝での智辯学園戦では智辯学園の県内公式戦29連勝を止めるなど昨年夏の奈良大会決勝での雪辱を果たしました。


智辯学園との試合は投手陣の粘りのピッチングが勝利を手繰り寄せたとも言え、先発の二年生左腕・板根佑真が力投。最終回には一点差まで追いつかれますが、エース・碓氷涼太がリリーフで、智辯学園の太田英毅を抑えるなど継投で勝ち上がってきました。


エース・碓氷涼太は球速は135キロですが、今年の冬から取り組んだサイドスローが功を奏し、低めへのコントロールの良さで相手打線を打ち取ります。


今年の甲子園には東筑高校の石田旭昇などサイドスローのピッチャーが注目を集めていますね。


石田旭昇の出身中学やプロフィール!東筑高校の石田伝説とは?


打線は太田椋や神野太樹などスラッガーを擁し、特にファーストの安原健人は強靭な体格から放たれる打球は評価が高いです。


4番を打つ神野太樹は1年生の夏からレギュラーとして夏の甲子園にも出場。


天理のバレンティンの異名を持ち、172cmながらもワイルドな体格や顔つきで話題の選手です。


パワーもさることながら広角打法を得意としており、プロからも注目を集めています。


中村良二監督とはコーチ時代から監督になるまで3年間を共にした師弟関係です。


甲子園で活躍するのが楽しみな選手ですね。


神野太樹は天理からプロへ?ホームラン成績や身長・出身中学は?

まとめ

秋と春には奈良大付属に負けていたので3度目の正直で甲子園出場を決めた天理高校。


最近は智辯学園が甲子園で活躍していたので天理高校としては悔しかったでしょう。


天理高校OBである中村良二監督は近鉄や阪神で活躍されたのちに指導者として高校野球に戻ってきた異色の経歴の持ち主。


甲子園では近鉄や阪神時代のことを思い出すのではないでしょうか。


投手陣は低めにボールを集めて、長打を打たれないことで試合を作ってきました。


全国トップレベルではないものの粘りのピッチングで強力打線の援護を守り抜きたいゲームプランです。


では!

天理高校vs明豊の試合について!

8月20日に行われた夏の甲子園準々決勝では天理が明豊を13-9で破り、ベスト4に勝ち進みました。


清宮ボール球と呼ばれる今大会ですが、天理高校は7番安原のスリーラン、8番山口のソロホームランも含め、初回に6得点。


元プロ野球選手の中村良二監督が指導しているとあってバッティングはどのバッターもアマチュアではトップクラスに思えます。


これで勝負あったかと思われましたが明豊も浜田、杉園の連続タイムリーで2点を返します。


しかし、天理高校は6回に3番・太田、4番・神野の連続ツーベースで加点し、8番・山口がスリーランホームラン。


9回の時点では13-3と天理高校の圧倒的優先でしたので天理高校はエースの碓井を温存して、輪島大地をリリーフで送り出します。


すると、明豊打線に火がつき、満塁から代打の三好がホームランを放ちます。


点差は離れていましたが明豊打線の底力が見られました。


天理高校はすかさずサウスポーの坂根にスイッチしますが、またもや満塁のピンチで5番・佐藤にタイムリーを打たれます。


4点差となりますが、6番・本多がファーストフライでゲームセット。


結局、13-9の乱打戦となりましたが、初回の6得点が最後まで響きましたね。


明豊はエースの橋詰が誤算で天理高校のエース・碓井と似たようなサイドからの浮き球や変化球を得意としていたので相性の問題だったのかもしれません。


その後を受けた溝上は打たれながらも粘りのピッチングを見せました。


天理高校は20安打の猛攻で下位打線の安原、山口から3本のホームランが出るなど明豊打線との打ち合いに勝利。


夏の甲子園の大会記録となる大会通算60号ホームランを更新した記念のホームランとなり、天理高校の強さが光りますね。


ベスト4での戦いが楽しみですね!

天理高校vs明豊の感想!

広陵野球部メンバーの出身中学は?中井哲之監督や中村奨成も!

【スポンサードリンク】