愛知県にある野球を始めとするスポーツの名門校として知られる「東邦高校野球部」は、甲子園の常連校でもあります。


過去40回以上の出場経験と優勝は4回もあるなど、愛知県でも私学4強といわれ、その強さから「春の東邦」とも呼ばれています。

【スポンサードリンク】

東邦野球部2018メンバー 出身中学や1年生!




2017年の秋季東海地区高校野球大会では、準決勝で三重県の選抜1位の高校に勝ち決勝に進みました。


決勝では静岡1位に6:5で負けてしまいましたが、選抜大会の出場はほぼ決まりなのではともいわれています。

東邦野球部2018 石川昴弥!




東邦高校野球部の注目選手といえば石川昴弥ではないでしょうか。


身長184cm、体重81.0kgと高校生とは思えないほど大柄な選手です。


野球での実力は筋金入りで小学生の頃にドラゴンジュニアに選抜され、中学時代は愛知知多ボーイズで日本代表に選出されアメリカに遠征した経験もあります。


東邦高校野球部に入ってすぐ1年生からレギュラー入りするなど野球をする為に生まれてきたといっても過言ではありません。


大型のスラッガーとしても今後の活躍が非常に楽しみな選手の一人です。プロのスカウトマンからは「巨人の坂本クラスの選手になれる」と絶賛されています。

【スポンサードリンク】

東邦野球部2018 監督!




また東邦高校野球部を率いる監督は森田奉弘さんです。


自身も東邦高校野球部に所属していた過去を持ちキャプテン4番の実力者です。


その後駒沢大学に進学し2004年に東邦高校野球部のコーチに就任しました。


森田監督の考え方として「失敗しても良いから自分で状況を見て自分で判断する力をつけて欲しい」と教えています。


選手の一人ひとりと向き合うとても親身な監督としても有名で、選手からの人気も高く自分の進路に悩んだ時は自ら相談に行く選手もいるのだとか。


以前の監督がとても厳しい方だったので真逆の監督でもありますね。

まとめ




東邦高校野球部は甲子園を始め、高校野球にとって欠かすことができません。


監督の統率力はもちろん選手にも恵まれ、2018年はより活躍してくれるのではないでしょうか。今年こそは優勝して欲しいですね。

【スポンサードリンク】