7月29日の所さんお届けモノです!では


さけべ!トントンボイス相撲
電玉 loT けん玉 対戦できるスマートけん玉



が話題になっていました。


最近はおもちゃでもハイテク化しているのですね!


今回は価格や発売日について調べてみました。

【スポンサードリンク】

「さけべ!トントンボイス相撲」について

「さけべ!トントンボイス相撲」は手を使わない紙相撲として話題を集めています。


普通の紙相撲は土俵を手で叩き、その振動で相撲を取っていましたが、「さけべ!トントンボイス相撲」は声で相撲を行います。


トントン!と土俵のLEDの色や相手の声の出すタイミングを見計らって叫ぶという画期的なゲームへと紙相撲は変貌を遂げました。


キャラクターも個性的でサラリーマンや熊、うさぎに桃太郎と楽しそうです。


声の大きなプレイヤーの土俵が振動するために子供同士で叫び合うのもよし、親子で楽しむのにももってこいですよ。


販売元は株式会社メガハウスとなっており、価格は税込4298円となっています。


2018年7月1日から販売がスタートしているので「さけべ!トントンボイス相撲」をぜひ楽しんでみてください。

「電玉」について

「電玉」はスマホアプリと連動してけん玉バトルを楽しめます。


けん玉は今ではストリートスポーツとして海外で親しまれおり、決められた技を時間内に決めるエクストリーム系スポーツとして日本でもハイテク化が進みました。


例えば技ごとに陣地が設定され、陣地取りゲームを技がどれだけ決めれるかで競いあうジンダッシュと呼ばれるゲーム


ラッシュアワーと呼ばれるぷよぷよを思い出させるゲームなど「電玉」でのバトルはなかなか面白そうです。


大皿と中皿にテンポよく玉を乗せていく戦術や世界一周や止めけんを決めて、一気に形成逆転を狙う戦術などけん玉バトルと言えどもかなり頭と身体を使いますね。


対戦中はなかなかアプリ画面を見る余裕もなく、大技の繰り返しで「電玉」が光り輝くのもカッコいいですよ。


「電玉」には姿勢検知センサーやモーターを内臓するなどとんでもなくハイテクなおもちゃです。


もともとは高齢の方と孫が一緒に遊べるツールとして開発されたそうですが、けん玉人口は300万人とあって様々な活用方法が見込まれています。


Amazonではセール価格で8000円となっています。

【スポンサードリンク】

みんなの声

まとめ

寺田心もトントンボイス相撲ではしゃいでいましたね。


楽天では2980円+送料600円で売られていました。


最後まで読んでいただきありがとうございます。