出雲駅伝や全日本駅伝では1.2年生主体で臨んだ東洋大学ですが、10年連続3位以内がかかる箱根駅伝2018でどんな走りをするのか注目が集まります!


山の神こと柏原竜二を擁した初優勝時から安定した強さを誇る東洋大学は3年生エース山本修二を筆頭に1区のスペシャリスト2年生・相澤晃など今年もタレント揃いです。


そんな東洋大学について調べました!


箱根駅伝2018Huleで無料視聴!沖縄や沿道・見逃し配信!

【スポンサードリンク】

東洋大学 箱根駅伝2018注目選手は?

2017年の箱根駅伝では2区を任され11位に終わった山本修二ですが、出雲駅伝3区2位、全日本駅伝4区2位と全国区の選手に成長を遂げています!


堀龍彦
竹下和輝
野村峻哉
小早川健



など箱根駅伝2017を経験した4年生が今ひとつ活躍しきれない中で1年生から将来有望な選手が数多く出てきていますね!

吉川洋次



好きな芸能人 戸田恵梨香


出雲駅伝4区4位、全日本8区4位と1年生ながらも5区での活躍が期待される逸材です!

西山和弥



好きな芸能人 佐藤楓


全日本インカレ日本人トップの偉業を成し遂げたスーパー1年生が青山学院大学・田村和希、東海大学・關颯人に3区で挑む予想です!

渡邉奏太



好きな芸能人 有村架純


全日本駅伝2区2位と2年生ながらもエース候補として期待が集まります。

相澤晃



好きな芸能人 佐藤楓


全日本駅伝1区区間賞を獲得するなど神奈川大学山藤篤司とのデットヒートが予想されます!

東洋大学の監督は?

酒井俊幸監督は2009年から東洋大学を率いて9年連続3位以内と安定した成績を残しています。


箱根駅伝2017ではスタートダッシュには成功するものの2区で出遅れ、5区6区でブレーキがかかり、6区からは安定して2位まで順位を上げました。


その復路を走ったのが現4年生の


竹下和輝
野村峻哉



なのですが、酒井俊幸監督としても4年生の頑張りを期待したいところでしょう。


東海大学の2年生がスピードを生かして全国区の実力をつけていく中で東洋大学としても来年以降も見据えて新入生をエース区間で起用していくのでしょう!


往路優勝を神奈川大学と競い合う展開に持ち込めれば三強に割って入ることも予想されますね。


酒井俊幸監督としては5区6区を5位以内で走る選手が見込めれば間違いなく総合優勝も狙えると思うのですが、来年以降に期待して1年生を山上りで起用することも考えられます!

【スポンサードリンク】

東洋大学 順位予想!

2区山本修二が5区で走ることができる選手層があれば往路優勝も見えてくるのですがやはり4年生がチームを引っ張ることができない事情もあり、1、2年生の頑張りに期待するしかありません。


吉川洋次、西山和弥のスーパー1年生に刺激を受けて浅井崚雅が奮起し、2年生の相澤晃や渡邉奏太も区間賞を狙えるなど往路に関しては神奈川大学と互角ともいえます。


復路では


6区 土壁和希


7区 小笹


8区 浅井崚雅


9区 今西駿介


10区 小早川健



との予想ですが、箱根駅伝経験のある4年生の復調を期待したいところでもありますね!


1区2区は神奈川大学と互角の争いを繰り広げる実力はあるのですが、3区で西山和弥が田村和希と關颯人を抜くことがあれば4区の渡邉奏太までは優勝圏内で戦えると予想されます。


しかし、5区6区が昨年同様に不安な面もあり、山本修二を5区で起用することも考えられるでしょう。


往路優勝でも復路3位が選手層的には無難なところですね!

まとめ

出雲駅伝や全日本駅伝では相澤晃や山本修二の他にも渡邉奏太、吉川洋次が話題となりました。


そして、スーパー1年生の西山和弥が3区で田村和希と關颯人とデットヒートを繰り広げるとなると将来的に東洋大学の全盛期が訪れること間違いなしです。


ただ、下級生中心なので相澤晃や山本修二が万が一流れを作れなかった時は3区〜5区の出来次第では5位以降になる可能性も考えられます。


では!