宇都宮線朝7時に座れる駅や遅延の多い理由!混雑や高崎線との違い

電車

1908年(明治41年)5月から上野ー黒磯間を走っている宇都宮線

 

最近では久喜や白岡がベッドタウンとして人口が増えているので古河あたりからじゃないと座れないほど朝は混雑しています。

 

そんな古河も7時台には座れなくなるので朝は早起きして6時台に乗るように個人的にはしてましたw

 

そんな宇都宮線ですが、2018年10月は遅延証明書が毎日出ていたとのことで皆勤賞と話題になっています。

 

どうして宇都宮線で遅延がおこりやすいのか、調べてみました!

【スポンサードリンク】
湘南新宿ラインのせい!

 

2001年にドル箱路線として本数を増やし続けた結果、埼京線との山手貨物線戦争が早朝から勃発している最近の湘南新宿ライン。

 

宇都宮線に乗ったと思ったらなぜか池袋方面に乗り間違えてしまい遅刻したことは今でも忘れられませんw

 

そんな湘南新宿ラインへの乗り入れを宇都宮線ではしているためとにかく悪影響で遅延してしまうこともしばしば。

 

しかし、JRとしては栃木県から神奈川県をぶっちぎるこのドル箱路線を捨てることはできず、最近は相鉄線と埼京線の直通も見込んでいるとこのこと。

 

さらに宇都宮線は東海道線にも乗り入れており、静岡県までぶっちぎるとあってこれはもう遅延してあたりまえとしか言いようがありません。

 

これで遅延すな!というほうがおかしいくらいなので遅延した時はグリーン車の二階ですやすや寝ていたいものです。

 

踏切が多すぎて人身事故が多い

 

こうなるといかにして遅延証明書をゲットできるかが問題な気がしますが、遅延証明書は後日でも駅員さんに頼めば発行はしてくれます。

 

会社によっては認めてくれないところもありますが、大宮駅で京浜東北線に乗り換えるなど無理して宇都宮線にこだわる必要はないのです。

 

たしかに尾久駅に職場がない限りは宇都宮線にこだわる必要はないので、大宮駅で京浜東北線の始発に乗るのがベストかもしれません。

 

基本的に人身事故が発生しやすい地域は大宮駅より北の白岡駅、久喜駅あたりからが多いので京浜東北線を有効活用しましょう!

 

とはいっても大宮勤務の時は家賃の安い久喜あたりに家を借りるのがベストなので、そこは考えどころですね。

宇都宮線 朝7時台に座れる駅や車両

 

冒頭でもお伝えした通り古河でも厳しいとあっては大宮駅での乗り換えに便乗するしか座れる見込みはありません…

 

とくに土呂から大宮までが混雑のピークとなるので朝の通勤ラッシュのときは辛いものがあります。

 

ただ、他の路線と比べると物静かな人が多い印象でへんなちょっかいかけてくる輩はいない気がしますw

 

そんな宇都宮線で唯一座れる車両はグリーン車!

 

平日でもこみこみではありますが、大宮駅での乗り換えを見計らえばいけなくはありません。

 

とはいっても立って過ごさなくてはいけないときの方が実際はグリーン車でも多いそうですね。

 

会社によってはグリーン車料金出してくれるそうですが、本当かよ!?と今でも思っています…

 

宇都宮線はなぜか快速電車が走らない謎な路線でもあり、我らが埼京線ですら戸田市をスルーしていく快速電車があるのに!

【スポンサードリンク】
宇都宮線 帰宅ラッシュの時間帯は?

 

帰宅ラッシュは19時ごろがピークとなり、東京駅は毎日大混雑してます。

 

ただ、蓮田駅をこえると座れることが多いので埼玉県北部から通勤する人にとっては意外と帰りは快適です。

 

朝に湘南新宿ラインに乗り換えて新宿に向かった人たちが多少大宮駅で乗り換えてくるくらいで大宮駅で帰宅ラッシュの混雑は緩和しますね。

 

白岡駅からは田園風景がちょくちょく見えてきたりして夏はノスタルジックですが冬はちょっとさみしくなりますw

 

行きも帰りも大宮駅をさかえに混雑状況は変わってきますが、埼京線が赤羽駅で降りる人が多いのに比べると混雑区間は長い印象です。

 

やはり混雑率300%を誇った1970年代上野ラッシュアワーの歴史があるので埼京線とは年季の入り具合が違いますねw

 

湘南新宿ラインが埼京線の遅延によってダイヤが乱れ、さらにそこから大宮駅行きの宇都宮線が遅延し…と帰宅ラッシュの時間帯でもダイヤ乱れや踏切事故はあるのです。

 

そんな時はグリーン車でのんびりビールでも飲みながら寝てたいところです!

宇都宮線 高崎線との見分け方

 

基本的には

 

籠原行き:高崎線
小金井行き:宇都宮線

 

でOKなのですが、ときたま黒磯、古河といった謎な地域名が出てきます!

 

ちょっと珍しいので撮り鉄の人には人気な面もありますか、

 

宇都宮線:小金井 黒磯 古河 宇都宮
高崎線:籠原 高崎 前橋

 

となっています。

 

この電車乗ってたら高崎まで行ってしまうんや…このまま遠くまで旅に出たい…と東京駅でたまに見かける高崎線に思いを馳せてしまいますね!

 

また、湘南新宿ラインに乗って宇都宮から伊豆までぶっちぎりたい衝動に駆られますが、実際にE231系やE233系が神奈川県まで走ってると考えると一度でいいから撮影してみたいものです。

 

高度経済成長を生きた宇都宮線は埼玉県北部から上野まで人々を乗せてきました。

 

それが今では宇都宮から伊豆までぶっちぎるようになるとは昭和の人々も驚きです!

 

あの絶妙な配色のダークグリーンとオレンジを見るたびに宇都宮線か高崎線かわからないことはしばしばですが、古き良き日本社会の名残が機体に染み付いてる気がしてなかなかいいですよね。

宇都宮線への熱い思い!
まとめ

 

宇都宮線といえば高崎線とともに埼玉県北部からの通勤を支える沿線として多くの人に利用されています。

 

疲れて仕事から帰るときにたまにグリーン車の二階に座りたくなりますね!

 

古河や白岡に住んでいた頃には東京駅からじょじょに田舎になっていくのがとても良かった印象の宇都宮線。

 

またのんびりグリーン車に乗って旅でもしたいところです!

 

以上、「宇都宮線朝7時に座れる駅や遅延の多い理由!混雑や高崎線との違い」でした!

【スポンサードリンク】

コメント