9月12日火曜日から始まるグラチャンバレー2017ですが、全日本男子バレーメンバーが明らかになっています!


今回は身長2mを超える選手が5人もいるなど全日本男子バレー史上最高に高いメンバーと話題になっています。


女子に大人気の石川祐希や柳田将洋をはじめとしてニューフェイスとしては山本将平や小野寺太志が登録されています。


中島美嘉の夫として長らく代表を支えてきた清水邦広は足首の疲労骨折のためリハビリ中ということでグラチャンバレー2017には出ていません。


今回はそんな全日本男子バレーメンバーの背番号や身長について調べてみました!

大竹壱青の高校や親は?現在は中央大学バレー部でイタリア移籍?

藤井直伸は新セッターで柳田将洋と仲良し?出身中学や高校は?

【スポンサードリンク】

最近の全日本男子バレーについて!

監督に就任した中垣内祐一が2016年11月に人身事故で活動自粛にいきなりなってしまいました。


2017年5月からは中垣内祐一監督不在の中での船出となりましたが、フィリップ・ブラン監督代行が指揮をとったワールドリーグ2017ではトルコや韓国に勝っています。


ワンプレーごとのクオリティを詰めていく練習方法は深津英臣をはじめとして好評で、雰囲気も良いみたいですね。


フィリップ・ブランはコーチとして中垣内祐一監督を支えていますが、フィリップ・ブランコーチの練習方法は継続してチームに取り入れているとのこと。


長年の課題だったオポジットには中央大学4年生の大竹壱青が入り、201cmの身長からスパイクを決めています。


大竹壱青は父親が大竹秀之という元全日本ミドルブロッカーであり、日本バレー界のサラブレッドです。


新戦力としては藤井直伸や李博、山田脩造が活躍しています。


特に藤井直伸は柳田将洋のスパイク決定率を上げるミドルブロッカーを上手く使うパス回しが得意でサイドに偏りがちな攻撃をクイックなどで分散させています。


サイドにブロックが固まるとアタッカーとしても2m級の選手が2枚もきてしまうので藤井直伸がミドルブロッカーを上手く使うことで柳田将洋もやりやすいのでしょう。


スパイカーの特徴に合わせたパス回しができふ藤井直伸が全日本男子バレーの新たな基軸となっています。

全日本男子バレーメンバーの背番号や身長は?

・セッター

深津英臣 パナソニックパンサーズ 身長180cm 背番号 2


藤井直伸 東レアローズ 身長 183cm 背番号 3

・ウイングスパイカー

大竹壱青 中央大学 身長 201cm 背番号 1


出耒田敬 堺ブレイザーズ 身長 200cm 背番号 7


柳田将洋 TVインガーソル・ビュール 身長 186cm 背番号 8


山田脩造 豊田合成トレフェルサ 身長 193cm 背番号 10


山本将平 JTサンダーズ 身長 187cm 背番号 12


石川祐希 中央大学 身長 192cm 背番号 14


小野寺太志 東海大学 身長 201cm 背番号18


浅野博亮 ジェイテクトSTINGS 身長 178cm 背番号 19

・ミドルブロッカー

山内晶大 パナソニックパンサーズ 身長 204cm 背番号 6


李博 東レアローズ 身長 194cm 背番号 15


高橋健太郎 東レアローズ 身長 202cm 背番号 16

・リベロ

井出智 東レアローズ 身長 174cm 背番号 9

【スポンサードリンク】

全日本男子バレーメンバーの日程は?

地上波では日本テレビ系列での放送が決まっています。


女子はフジテレビから離れてかわいいだけじゃない選手を集めた結果ブラジルにも勝てるようになったと言われていますが、全日本男子バレーも頑張ってほしいですね。


・愛知県 日本ガイシホール


9月12日火曜日


日本vsアメリカ 19時5分〜


9月13日水曜日


日本vsフランス 19時5分〜


・大阪市中央体育館


9月15日金曜日


日本vsイタリア 19時5分〜


9月16日土曜日


日本vsイラン 19時5分〜


9月17日日曜日


日本vsブラジル 18時5分〜


リオオリンピックで金メダルのブラジル、銀メダルのイタリアをはじめとして銅メダルのアメリカも参加してますね。


イランとフランスに勝てればいいですね。

全日本男子バレーメンバーのキャプテンは?

深津英臣と書いてふかつひでおみと読みます。


髪の毛など見た目はベテランですが、若さ溢れる太陽と自称し、川合俊一や解説からも出始めの頃は弄られていました。


セッターとしての能力の高さはさることながらチームを活気づける太陽のような存在です。


石川祐希とは星城高校の先輩後輩の仲で2008年の春高バレー準優勝、インターハイ優勝、国体優勝を高校時代には成し遂げています。


東海大学に進学後は大学バレーの洗礼を受けますが、全日本インカレで優勝を成し遂げて、セッター賞とサーブ賞を受賞するなどまさに輝かしい成績を収めました。


大学時代には教育実習で石川祐希を教えていたとのことで教員免許も持っているようですね。

まとめ

世界の背の高い選手たちを相手に戦うのにはブロックを1枚にする仕掛けが必要になってきます。


経験豊富な深津英臣と藤井直伸がスパイカー達とコンビネーションを高め合ってトスの速度やブロックに対しての打ち分けなどコントロールできればさらにレベルアップできますね。


ミドルブロッカーを使い、サイドのブロックを分散させることができれば全日本男子バレーも世界で通用するのではないでしょうか。


フィリップ・ブランコーチと藤井直伸の新たな基軸ができた全日本男子バレーに期待しています!


では!

【スポンサードリンク】