打倒大阪桐蔭に燃える智弁和歌山が春のセンバツ出場を決めました!


近畿大会決勝では惜しくも大阪桐蔭に敗れるなどここのところは負けっぱなしですが、チームとしてはかなり高い能力を秘めているので全国でわかちの名を轟かせてほしいところです。


今回はそんな智弁和歌山野球部を調べてみました!

【スポンサードリンク】

智弁和歌山野球部2018メンバーの出身中学!

名前学年出身中学
1 平田龍輝2年生和歌山 串本中学
2 東妻純平1年生和歌山 紀伊中学
3 本多吏樹2年生和歌山 那賀中学
4 高瀬宗一郎2年生和歌山 由良中学
5 黒川史陽1年生奈良 河合第一中学
6 西川晋太郎1年生和歌山 保田中学
7 冨田泰生2年生大阪 日置荘中学
8 神先恵都2年生滋賀 比叡山中学
9 文元洸成2年生兵庫 緑台中学
10 小堀颯2年生和歌山 和歌山大付属中学
11 池田陽佑1年生京都 宇治中学
12 湯浅公貴1年生和歌山 南部中学
13 田中勇也2年生和歌山 城東中学
14 根来塁1年生和歌山 貴志川中学
15 目代康悟2年生青森 根城中学
16 上原佑斗1年生和歌山 伏虎中学
17 佐藤樹1年生和歌山 貴志川中学
18 山本雄太1年生和歌山 西脇中学

智弁和歌山野球部 秋季大会!




和歌山県の野球で有名な高校といえば、誰もが口をそろえていうのが「智弁和歌山野球部」でしょう。


入学者数も毎年10名程度しか新入社員を取らないなど少数精鋭にこだわっています。


野球部に入るのが簡単な高校ではなく、限られた選手に時間をかけて教え込むスタイルを取っています。


また智弁和歌山野球部は平成に入ってから野球部としての頭角を見せた比較的新しい高校です。


それでも甲子園の出場経験は20回以上になり、優勝3回・準優勝3回と確実に実績を残しています。


2017年夏大会では2年ぶりに甲子園出場を果たしました。


1回戦で沖縄県の興南高校と戦い序盤に6点を失点してしまいましたが、4回・5回で取り戻し逆転勝ちとなりました。


2回戦では大阪桐蔭と戦いチャンスはあったものの1:2で敗れました。


秋季県大会では優勝し智弁和歌山野球部の知名度を上げました。

【スポンサードリンク】

智弁和歌山野球部 平田龍輝!




智弁和歌山野球部の注目選手といえば平田龍輝でしょう。


身長184cm、体重78kgの大柄な選手になり最速144キロと速球を投げる投手として知られています。


ストレート・スライダー・カーブなどの幅広い打球の技術力も自慢です。


もともと小学生時代から串本エンジェルスに所属し野球を始めました。


中学時代は軟式野球部に所属しています。


智弁和歌山野球部に入り1年はベンチ外でしたが、夏には背番号18番としてベンチ入りして2年に入り実際に登板するようになりました。

智弁和歌山野球部 高橋仁監督!




智弁和歌山野球部は監督の高橋仁さんも有名で、この監督のもとで野球を学びたいと多くの人が希望するのだといいます。


1980年に智弁和歌山野球部の監督として就任し、数多くの甲子園出場を果すなど確かな実績を残し続けています。


しかも甲子園通算63勝と歴代を見ても1位の記録を持っている監督です。


また1997年に夏の甲子園で優勝した際に主将を務めていた中谷仁選手がコーチとして就任するなど、よりパワーアップした野球が期待できそうです。


こんなに贅沢な監督とコーチに教えてもらえる高校はなかなかありませんよね。