XEMバーで仮想通貨界隈では人気だったXEMですが、まさかのコインチェックで500億円も盗まれるとは2014年のマウントゴックス破産以来の大事件となりました!


コインチェックは資本金が9200万円なので500億円もの赤字を抱えることはできませんし、お金が戻ってこないとなると仮想通貨から身を引く人によって訴訟となる可能性もあります。


今回はそんなXEMハッキングの今後について


賠償や訴訟と対策
コインチェック買収
税金の支払い義務


を中心にまとめました!

【スポンサードリンク】

XEMハッキングで賠償・訴訟は?



コインチェックが500億円もの賠償を行う可能性は低く、訴求に発展するのを防ぐには取引自体を無効にするのが得策なようです。


しかし、現段階ではコインチェックが迅速に取引の再開、謝罪会見、売却ができるかどうかに注目が集まります。


仮想通貨全体で投げ売りが行われ、しばらくは新規の資金流入が滞ることになると考えられますが。

【スポンサードリンク】

XEMハッキングでコインチェック買収?

コインチェックは仮想通貨業界でも出川哲朗のCMを放送するなどかなり知名度があり、このまま破綻してしまうのは日本の仮想通貨業界にとってもかなりのマイナスとなってしまうようです!


SBIなど今後の仮想通貨業界でシェアを獲得したい企業にとってはまたとない機会なので救済処置が取られることが予想されています。

XEMハッキングで税金は?

盗まれた上で税金が発生することは現在の制度では無いとの見解が強まっていますね!


制度や法律が追いついていない分野ではありますが、2014年のマウンドゴックス破綻では民事再生によって債務者に配分が行われるようです。

まとめ

コインチェックがどこに買収されるかに今後は注目が集まるかもしれませんが、XEM自体の価値は下がり、需要の低下と投げ売りが予想されます。


せっかくXEMバーなとで盛り上がっていたのにもったいないです。


ハッキングで倒産したマウンドゴックスやユービットからはかなりの時間をかけないと資金は戻ってこないのでここはSBIなどがコインチェックを救済するしかないですね。


では!

【スポンサードリンク】