横浜高校野球部秋季大会メンバーや背番号!1年生のスタメンは?

baseball


プロ注目の万波中正や及川雅貴擁する横浜高校がセンバツに向けて神奈川県予選でコールド勝ちをおさめています。
[br num=”1″]
2017年の夏の甲子園ではエース板川佳矢をまさかの温存で大バッシングを受けた平田徹監督ですが、板川佳矢と及川雅貴の技巧派サウスポーと万波中正と黒須大誠の大型右腕を擁する新チームでは甲子園優勝を狙えるのではないでしょうか。
[br num=”1″]
甲子園を経験している山﨑拳登や斉藤大輝、万波中正、長南有航、小泉龍之介などタレント揃いの新チームですが、秋季大会ではどこまで勝ち進めるのか注目です!
[br num=”1″]
最近では藤平尚真や高浜祐仁、浅間大基のようなプロ注目のレベルまで達するレベルの選手はいませんし、渡辺元智・小倉清一郎体制の時よりものびのび野球な分、細かいプレーが雑なところが出てきてはいますね。
[br num=”1″]
秋季大会はどのような結果になるのか楽しみです!

【スポンサードリンク】

横浜高校野球部のスタメンは?

[br num=”1″]
1 山﨑拳登 サード 2年生
[br num=”1″]
・中本牧リトルシニア
[br num=”1″]
2 内海貴斗 ファースト 1年生
[br num=”1″]
・世田谷西リトルシニア
[br num=”1″]
3 斉藤大輝 セカンド 2年生
[br num=”1″]
・戸塚リトルシニア
[br num=”1″]
4 万波中正 センター 2年生
[br num=”1″]
・東練馬リトルシニア
[br num=”1″]
5 吉原大稀 キャッチャー 1年生
[br num=”1″]
・旭川大雪ボーイズ
[br num=”1″]
6 長南有航 レフト 2年生
[br num=”1″]
・佐野リトルシニア
[br num=”1″]
7 小泉龍之介 ライト 1年生
[br num=”1″]
・鯖江ボーイズ
[br num=”1″]
8 及川雅貴 ピッチャー 1年生
[br num=”1″]
・匝瑳リトルシニア
[br num=”1″]
9 遠藤圭吾 ショート 2年生
[br num=”1″]
・横浜港ボーイズ
[br num=”1″]
増田珠がいた旧チームのレギュラーが5人も残っていますが、1年生もスタメンに名を連ねていますね。
[br num=”1″]
増田珠が2年生だった2016年のチームには藤平尚真や公家響、石川達也を擁して2年生は増田珠しかスタメンがいませんでした。
[br num=”1″]
学年でバランスのとれたチーム構成であることや神奈川県だけでなく、北海道や栃木県、福井県、長崎県などスカウトも全国に及んでいます。
[br num=”1″]
日大三高や健大高崎などが有望な中学生をこぞって獲得しており、横浜高校といえども有望中学生の獲得の方向性も変わってきているようです。
[br num=”1″]

横浜高校野球部秋季大会メンバー!

[br num=”1″]
1 板川佳矢 2年生
[br num=”1″]
2 吉原大稀 1年生
[br num=”1″]
3 内海貴斗 1年生
[br num=”1″]
4 斉藤大輝 2年生
[br num=”1″]
5 山﨑拳登 2年生
[br num=”1″]
6 武川康大 2年生
[br num=”1″]
7 長南有航 2年生
[br num=”1″]
8 万波中正 2年生
[br num=”1″]
9 小泉龍之介 1年生
[br num=”1″]
10 及川雅貴 1年生
[br num=”1″]
11 黒須大誠 1年生
[br num=”1″]
12 河原木皇太 2年生
[br num=”1″]
13 明沢一生 1年生
[br num=”1″]
14 森山翔太 1年生
[br num=”1″]
15 伊木拓弥 1年生
[br num=”1″]
16 遠藤圭吾 2年生
[br num=”1″]
17 土井翔太 2年生
[br num=”1″]
18 戸塚涼 2年生
[br num=”1″]
19 竹之内祐大 2年生
[br num=”1″]
20 角田康生 2年生
[br num=”1″]
1年生には及川雅貴だけでなく、黒須大誠や正捕手の吉原大稀勢、ファーストの内海貴斗、甲子園ではスタメンだった小泉龍之介がいますね。
[br num=”1″]
明沢一生や森山翔太、伊木拓弥もベンチ入りの2年生よりいい背番号をもらっているので有望な1年生も揃えてきましたね。

【スポンサードリンク】

横浜高校野球部の注目選手は?

今年の横浜高校は、板川佳矢と及川雅貴のサウスポーに注目が集まること間違いなしですが、バッターでは万波中正、山﨑拳登、斉藤大輝などおお振りの選手が多い印象です。
[br num=”1″]
長南有航の代わりに夏の甲子園では小泉龍之介を起用しましたが、最近の横浜高校には大学野球や社会人野球に進みそうな小粒のバッターばかりで筒香嘉智や高浜祐仁、浅間大基のように高卒でプロに行けるような逸材はバッターではなかなか育てられていません。
[br num=”1″]
正捕手の吉原大稀に関しては北海道の旭川大雪ボーイズからの進学ということで強肩強打のキャッチャーとして期待が集まります。
[br num=”1″]
2018年の夏までに及川雅貴がエースになれれば横浜高校の甲子園優勝も見えてきますね。
[br num=”1″]

まとめ

[br num=”1″]
最近では大阪桐蔭や履正社など関西勢の勢いが凄まじく、関東でも花咲徳栄や健大高崎、前橋育英、作新学院と北関東の高校に注目が集まっています。
[br num=”1″]
かつての横浜高校のような横綱野球のイメージはありませんが、ホームラン数と三振数の増加や楽しそうに野球をする姿などじょじょに横浜高校の野球は変わってきているように思います。
[br num=”1″]
あとはピッチャーの起用法だけですよ。
[br num=”1″]
では!

【スポンサードリンク】

コメント