東海大相模との決勝では増田珠や市村拓巳のホームラン攻勢で横浜高校が主導権を握り、板川佳矢は連戦の疲れがありながらも粘りのピッチングで見事、甲子園への切符を手にしました。


増田珠は高く上がったサードフライが相手のミスを誘うなど何かもってる男ですね。


プロ注目の二年生スラッガー・万波中正は高めのボールなどを振り回し、ブンブン丸でしたが、迫力はありますね。


東海大相模はまさかの決勝で投手陣がコントロールミスや内野の守備の乱れが出てしまいました。


準決勝では斎藤礼二が完投するなど盤石の投手陣かと思われましたが、先発の秋田稜吾やアンダースローの大和田聖人は要所要所で横浜高校に勢いを与えてしまいました。


両校とも来年、上級生になる2年生を中心に構成されているので例年とは少しレベルが低くはあるものの横浜高校は平田徹監督になってから選手も明るくムードがいいですね。


浅間や高濱がいた頃はクールなイメージの横浜高校でしたが、昨年の藤平尚真の世代からは週5で野球部寮に寝泊まりする平田徹監督の影響もあり、のびのびプレーしていますね。


今回はそんな横浜高校野球部に注目してみました!

【スポンサードリンク】

横浜高校野球部メンバーの出身中学

1 板川佳矢 栃木県・野木中学校 2年生


2 福永奨 神奈川県・上菅田中学校 3年生


3 市村拓巳 神奈川県・金沢中学校 3年生


4 齊藤大輝 神奈川県・六ツ川中学校 2年生


5 山崎拳澄 神奈川県・野比中学校 2年生


6 遠藤圭吾 神奈川県・池上中学校 2年生


7 小泉龍之介 福井県・武生第二中学校 1年生


8 増田珠 長崎県・淵中学校 3年生


9 万波中正 東京都・開進第二中学校 2年生


10 塩原陸 神奈川県・大綱中学校 3年生


11 及川雅貴 千葉県・八日市場第二中学校 1年生


12 辻村祐紀 静岡県・中郷西中学校 3年生


13 内海貴斗 神奈川県・末吉中学校 1年生


14 武川康太 神奈川県・汲沢中学校 2年生


15 吉原大稀 北海道・明星中学校 1年生


16 黒須太誠 福島県・中央台北中学校 1年生


17 角田康生 栃木県・明治中学校 2年生


18 長南有航 栃木県・田沼西中学校 2年生


19 伊木拓弥 千葉県・下貝塚中学校 1年生


20 河原木皇太 神奈川県・荻園中学校 2年生


今年の横浜高校は神奈川県出身で戸塚シニアや中本牧シニアなど野球エリートの他にも栃木県や長崎県、福井県、福島県、北海道など地方の有望中学生がメンバーで構成されていますね。


エースの板川佳矢に関しては中学生の時には軟式野球をやっていました。


3年生が5人と来年を見据えてのメンバーとなっており、特に1年生の及川雅貴は侍ジャパンU-15でエースとして活躍するなど来年以降の活躍に期待が集まります。

【スポンサードリンク】

横浜高校野球部の監督は?

名将・渡辺元智前監督が勇退し、後任として32歳の時に横浜高校の監督に就任した平田徹監督。


横浜高校の監督というプレッシャーの克服方法は選手とともに寮生活からともに生活し、野球を無心になるまで集中して取り組むことだそうです。


2006年に保健体育の教師として横浜高校に赴任。


野球部コーチを務め、2010年からは野球部部長になりました。


渡辺元智元監督や小倉清一郎元部長などからの信頼も厚く、横浜高校の伝統を守っています。


選手と一緒に風呂に入ったりするなど兄貴的存在として選手との距離は近い教育方針です。


平田徹監督はもともと中学校で軟式野球をやっていた普通の中学生でした。


中学生3年生の時に松坂大輔の春夏連覇があり、それに憧れて横浜高校に入学します。


高校野球のレベルの高さにレギュラーになることも難しい状況でしたが、2年生秋にはキャプテンに任命されます。


そこで、リーダーシップや考える力が身につき、指導者としての道が拓けたそうです。


平田徹キャプテンが率いた横浜高校は2001年に甲子園ベスト4まで勝ち上がります。


実力的には上手い選手がいるものの取り組む姿勢でリーダーシップを発揮していた平田徹キャプテン。


その後、監督として横浜高校を率いるとは思いもしなかったでしょうが高校野球で培った経験が今に生かされているのですね。

まとめ

東海大相模との決勝はエース・板川佳矢が打たれたら、その裏に打線がホームランで取り返すという理想的なゲーム展開で東海大相模に主導権を最後まで渡しませんでした。


特に気になったのは山崎拳澄のスリーランなど各打者が大振りをしないでコンパクトなスイングで大きく鋭い打球を飛ばしていた点です。


板川佳矢が失点をする場面では外角へのコントロールがバラツキ、そこから慎重になるあまりにコーナーを厳しくつきすぎるという場面がありました。


東海大相模打線も7回には板川佳矢を捉えていたので守備で粘りきれなかったのが悔やまれます。


全国では及川雅貴のピッチングも見られるかもしれません。


今年の横浜高校野球部は楽しみですね。


では!

横浜高校vs秀岳館高校について

秀岳館高校との一戦は4-6で惜しくも敗退となってしまいました。


横浜高校は昨年と同じようにエースではないピッチャーを先発させるなど監督采配に批判が集まっています。


先発の塩原は練習試合で秀岳館高校を完封していたのでその実績をもとにした先発起用だったのですが、秀岳館打線の集中力には敵わなかった印象です。


今年の横浜高校は板川をエースにしてはいましたが、どのピッチャーもほとんど横並びで実力的には突出しているピッチャーはいませんでした。


秀岳館高校は川端、田浦と超高校級のサウスポーを揃えているので板川や及川では難しいと判断したのかもしれません。


しかし、2年連続で奇策とみられる采配で敗退しているため監督采配の若さなどがみられると世間からは注目を集めてしまっています。

横浜高校vs秀岳館高校の感想

【スポンサードリンク】